ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 自然毒のリスクプロファイル

自然毒のリスクプロファイル

自然毒のリスクプロファイル

動植物の中には体内に毒成分(自然毒)を持つものが数多く知られている。毒成分は一般的には常成分であるが、成育のある特定の時期にのみ毒を産生する場合や、食物連鎖を通じて餌から毒を蓄積する場合もある。これら自然毒を含む動植物による食中毒は、細菌性食中毒と比べると件数、患者数はそれほど多くないが、フグ毒やキノコ毒のように致命率の高いものがあるので食品衛生上きわめて重要である。

動物性自然毒

 陸上にもヘビやハチ、サソリなどの有毒動物が生息し、咬まれたり刺されたりする被害は多い。しかし、陸上の有毒動物を食品として摂取することにより食中毒が引き起こされることはまずない。食中毒に関与する動物性自然毒はすべて魚貝類由来であると考えてよい。

魚類 フグ毒 フグ類 概要版詳細版
シガテラ毒 シガテラ毒魚(ドクウツボ、オニカマス、バラハタ、バラフエダイなど) 概要版詳細版
パリトキシンおよび関連毒 アオブダイ、ハコフグなど 概要版詳細版
卵巣毒 ナガズカなど 概要版詳細版
胆のう毒 コイ類 概要版詳細版
血清毒 ウナギ類 概要版詳細版
ビタミンA イシナギなど 概要版詳細版
異常脂質(トリグリセリド、ワックスエステル) アブラボウズ、アブラソコムツ、バラムツ 概要版詳細版
二枚貝 麻痺性貝毒   概要版詳細版
下痢性貝毒   概要版詳細版
記憶喪失性貝毒   概要版詳細版
神経性貝毒   概要版詳細版
アザスピロ酸   概要版詳細版
巻貝 唾液腺毒(テトラミン) エゾバイ科巻貝(ヒメエゾボラ、エゾボラモドキなど) 概要版詳細版
フグ毒 キンシバイ類などの肉食性巻貝 概要版詳細版
光過敏症 アワビ類 概要版詳細版

ページの先頭へ戻る

植物性自然毒

 食中毒に関与する有毒植物は、キノコと高等植物に大別される。キノコは生物学的には植物ではなく菌類であるが、多くの消費者はキノコを植物の仲間であると思っている。そのため、混乱を避けるために、食中毒統計ではキノコは植物として扱われている。

キノコ カエンタケ 概要版
カキシメジ 概要版詳細版
クサウラベニタケ 概要版詳細版
シロタマゴテングタケ 概要版詳細版
スギヒラタケ 概要版詳細版
タマゴタケモドキ 概要版詳細版
ツキヨタケ 概要版詳細版
テングタケ 概要版詳細版
ドクササコ 概要版詳細版
ドクツルタケ 概要版詳細版
ドクヤマドリ 概要版詳細版
ニガクリダケ 概要版詳細版
ニセクロハツ 概要版詳細版
ニセショウロ 概要版詳細版
ネズミシメジ 概要版詳細版
ハイイロシメジ 概要版詳細版
ヒカゲシビレタケ 概要版詳細版
ヒメアジロガサ 概要版詳細版
ベニテングタケ 概要版詳細版

ページの先頭へ戻る


高等植物 アジサイ 概要版詳細版
アマチャ 概要版詳細版
イヌサフラン 概要版詳細版
カロライナジャスミン 概要版詳細版
グロリオサ 概要版詳細版
クワズイモ 概要版詳細版
ジギタリス 概要版詳細版
ジャガイモ 概要版詳細版
シャクナゲ  概要版詳細版 
スイセン 概要版詳細版
スノーフレーク 概要版詳細版
タマスダレ 概要版詳細版
チョウセンアサガオ類1
(チョウセンアサガオ)
概要版詳細版
チョウセンアサガオ類2
(キダチチョウセンアサガオ)
概要版詳細版
テンナンショウ類 概要版詳細版
ドクゼリ 概要版詳細版
ドクニンジン 概要版詳細版
トリカブト類 概要版詳細版
バイケイソウ類 概要版詳細版
ハシリドコロ 概要版詳細版
ヒメザゼンソウ 概要版詳細版
ベニバナインゲン  概要版詳細版  
ユウガオ  概要版詳細版
ヨウシュヤマゴボウ  概要版詳細版   

ページの先頭へ戻る


厚生労働科学研究(食品の安心・安全確保推進研究事業) 「自然毒のリスクプロファイル作成を目指した調査研究」

平成2041日〜平成22331

塩見 一雄 (東京海洋大学食品生産科学科)

長島 裕二 (東京海洋大学食品生産科学科)

荒川 修 (長崎大学水産学部)

近藤 一成 (国立医薬品食品衛生研究所)

佐竹 元吉 (富山大学和漢医薬学総合研究所)

 

厚生労働科学研究(食品の安全確保推進研究事業)「食品中の自然毒のリスク管理に関する研究」

平成2241日〜平成24331

長島 裕二 (東京海洋大学食品生産科学科)

塩見 一雄 (東京海洋大学食品生産科学科)

荒川 修 (長崎大学水産学部)

近藤 一成 (国立医薬品食品衛生研究所)

佐竹 元吉 (富山大学和漢医薬学総合研究所)

紺野勝弘(富山大学和漢医薬学総合研究所)

登田美桜(国立医薬品食品衛生研究所)

 

厚生労働科学研究(食品の安全確保推進研究事業)「国内侵入のおそれがある生物学的ハザードのリスクに関する研究」

平成2441日〜平成27331

近藤 一成 (国立医薬品食品衛生研究所)

紺野勝弘(富山大学和漢医薬学総合研究所)

登田美桜(国立医薬品食品衛生研究所)

 

 

 

 

本サイトの写真の無断転用・転載を禁じます。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 食中毒 > 自然毒のリスクプロファイル

ページの先頭へ戻る