ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療

健康・医療

健康づくり、疾病対策から感染症などの健康危機管理、生活衛生、水道行政まで、患者や生活者の視点に立ち、国民一人一人の健康で衛生的な生活を確保するための取り組みを進めています。

食中毒の防止に万全を期すとともに、食品中の農薬残留基準などの各種基準の策定に取り組むなど、私たちが毎日、口にする食品の安全性を確保するための施策を行っています。

けがをしたり病気になった時に、安全で質の高い医療サービスを受けることができる医療提供体制を確立し、赤ちゃんからお年寄りまで全ての国民が、健康で長生きできる社会を目指しています。

国民皆保険制度のもと、誰もが安心して医療を受けられる医療制度を実現し、世界最高レベルの平均寿命と保健医療水準を達成してきた日本。少子高齢化、経済情勢の変化に対応し、これからも持続可能な公的医療保険制度を目指します。

医薬品・医療機器等の有効性・安全性を確保するため、「薬事法」に基づき、製造から販売、市販後の安全対策まで一貫した規制を行っています。また、献血に代表される血液事業、薬物乱用防止対策、化学物質の安全対策など国民の生命と健康に直結するさまざまな問題に取り組んでいます。

国民生活に密着したサービスを提供している飲食業、理容業、美容業、クリーニング業、旅館業などの衛生水準の向上などの施策を進めています。

将来にわたって安全水を安定的に供給するため、水道事業の基盤強化に向けた取組みを進めています。水道施設の維持修繕、計画的な更新、水道事業の広域連携を推進するなどにより、水道施設の老朽化、人口減少に伴う水需要の減少等の課題に対応し、持続可能な水道の実現を目指します。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療

ページの先頭へ戻る