お知らせ 労働委員会とは 中央労働委員会
について
申請・問合せ 不当労働行為
事件の審査
労働争議の調整 個別労働関係
紛争のあっせん
統計情報等

これまでのお知らせ

労使関係セミナー
★東北地区のご案内
平成30年10月19日(金)に秋田市で開催します。
※受講申し込み受付け中です!
★四国地区のご案内
平成30年10月16日(火)に松山市で開催します。
※受講申し込み受け中です!
★中国地区(広島)のご案内
平成30年10月15日(月)に広島市で開催します。
※受講申し込み受け中です!
★関東地区・第2回のご案内
 平成30年10月30日(火)に東京・新宿区で開催します。
 ※受講申し込み受付け中です!
★近畿地区・第1回のご案内
平成30年9月20日(木)に大阪市で開催します。
※受講申し込み受け中です!
★ 次については、いましばらくお待ち下さい。関東(第3回)、北海道(札幌)、中国(島根)。
平成29年賃金事情等総合調査(確報) 
確報を掲載しました。集計表は政府統計の総合窓口からご覧いただけます。
調整事件取扱状況 
第3表に一部誤りがあったため、訂正します。
調整事件取扱状況を更新しました。
労働紛争の調整事例と解説  
労働紛争の調整事例について、あっせん等により解決に至るまでの実際の姿を解説付きでわかりやすく紹介するコーナーです。
審査の期間の目標の達成状況(平成29年末) 
平成17年1月の改正労働組合法の施行に伴い、同年3月に「審査の期間の目標」を決定(平成28年11月に改定)し、不当労働行為事件の審査の迅速化を推進しているところ、今般、平成29年末における目標の達成状況をまとめました。
審査の期間の目標について  
労働組合法第27条の18の規定に基づき、平成29年から平成31年までの3年間における審査の期間の目標を定めました。

最近の報道発表資料

平成30年8月24日 中労委命令(平成30年(不再)第26号)の交付について 
 ―再審査被申立人が救済申立てを維持する意思を放棄したと認め、救済申立てを却下した事案―
平成30年5月29日 中労委命令(平成28年(不再)第35号)の交付について 
 ―団体交渉申入れが合理的期間内に行われたとは認められないことその他から、会社が団体交渉申入れに応じなかったことには正当な理由があり、不当労働行為に該当しないとした事案―
平成30年4月5日 中労委命令(平成29年(不再)第25号)の交付について 
 ―中労委の命令を取り消す判決が確定したため、審査を再開し、改めて命令を発した事案―
平成30年3月30日 中労委命令(平成28年(不再)第8・10号)の交付について 
 ―法人の学校の正門前の公道で組合らが行ったビラ配りの際、職員が組合員と歩行者との間に立ちふさがるとともに、組合員の動きに合わせて手や体を動かし、ビラを受け取らないよう呼びかけたり受け取ったビラを回収する等したことが、学生の安全確保のための誘導等ではなく、ビラ配りを妨害するもので、支配介入の不当労働行為に該当すると判断した事案―
平成30年3月30日 中労委命令(平成28年(不再)第70号)の交付について 
 ―人事考課表を提出しなかった者の考課結果を上司による最終評価ランクから二段階引き下げる旨の規定を適用した上で再雇用対象者の選定基準を満たしていないことを理由に組合員を再雇用しなかったことは、不当労働行為に当るとした事案―
平成30年1月31日 中労委命令(平成28年(不再)第5号)の交付について 
 ―通勤災害により労災保険の障害認定を受けたA1を軽作業に配置転換し、これに伴い賃金を減額したことは、不当労働行為に当たらないとした事案―

最近の主な中労委命令

 ※ これ以外の命令の全文情報については、労働委員会関係命令・裁判例データベースをご利用下さい。


平成29年4月11日 平成24年(不再)第67号
全文情報(PDF:551KB)
 会社分割前の旧会社が、夏季一時金の成績査定率に関する組合との協議中に、旧会社の主張する成績査定率により、組合の頭越しに組合員に対して夏季一時金を支給したことが不当労働行為に当たるとされた事案
平成29年3月31日 平成26年(不再)第33号
全文情報(PDF:340KB)
 アスベスト被害等を交渉事項とする団体交渉での会社の対応は労組法第7条第2号の不当労働行為に当たるが、その後組合員個人への補償問題が法的に決着したことなどに鑑み、確認的救済命令を発することとした事案
平成29年3月17日 平成27年(不再)第41号
全文情報(PDF:290KB)
 生協が、組合員を含むパート職員に対し、組合員の組合執行部への信頼を損なう記載がある書面を提示したことは、労組法7条3号の不当労働行為に当たるとした事案
平成29年3月10日 平成26年(不再)第31号
全文情報(PDF:359KB)
 都が、非常勤職員の労働条件に係る総務局長宛の団交申入れに対し、非常勤職員の勤務先を所管する各局を交渉担当部局とし、総務局を交渉担当部局としなかったことは、不当労働行為に

は当たらないとした事案
平成29年2月17日 平成25年(不再)第47号
全文情報(PDF:508KB)
 昇格・昇給差別に関する本件救済申立てのうち、(1)平成元年度から平成4年度に関する救済申立ては、適法な申立期間を徒過したものとして却下すべきであり、(2)平成5年度に関する救済申立てについては、本件申立人らが他の従業員と比較して低位な査定を受けたとは認められないことなどを理由に棄却するべきであるとした事例
平成28年12月13日 平成27年(不再)第4号・第6号・第26号・第27号
全文情報(PDF:290KB)
 市庁舎内の組合事務所に係る使用料減免申請を不承認とし、これらに関する団体交渉に管理運営事項を理由に応じなかったことは不当労働行為に当たるとした事案
平成28年9月16日 平成26年(不再)第43号・同第44号)
全文情報(PDF:316KB)
 労働協約に違反して苦情処理会議の内容を公開した組合掲示物を会社が撤去したことは、不当労働行為に当たらないとした事案
平成28年9月14日 平成27年(不再)第32号
全文情報(PDF:321KB)
 法人が、施設内の集会室を団交の開催場所とすることを拒否し、施設外の貸会議室を開催場所と指定し、また、組合側参加者を7名に制限し、これらの開催条件に固執して団体交渉を開催しなかったことなどが不当労働行為に当たるとした事案

命令・裁判例データベース

調整事例と解説

労働委員会ガイドブック

  • フォトレポート
  • 1月12日
    1月12日 
    ブラジル法律団が中労委を来訪され、我が国の労働委員会制度について意見交換を行いました。
  • フォトレポート一覧

不当労働行為事件の審査

労働争議の調整

個別労働紛争のあっせん