ホーム > 東日本大震災関連情報 > 食品中の放射性物質への対応

東日本大震災関連情報

食品中の放射性物質

English

食品の安全・安心を確保するため、放射性物質について基準値を設定し、安全な食品が流通するよう、検査を続けています。

「食べもの」と「放射性物質」に関する情報を、消費者庁、食品安全委員会、農林水産省とともに、お知らせしています。

みなさまの疑問にお答えします

ページの先頭へ戻る

食品中の放射性物質への対策と現状

厚生労働省のとりくみ (平成29年9月更新)

食品中の放射性物質の対策と現状について
食品中の放射性物質の対策と現状について [1,687KB]

「食べもの」と「放射性物質」に関するいろいろな「はなし」を、消費者庁、食品安全委員会、農林水産省とともに、お知らせしていきます。

食べものと放射性物質のはなし

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

施策紹介

食品中の放射性物質への対応の流れ

食品中の放射性物質への対応の流れ

基準値の設定〜平成24年4月から〜

平成24年4月から、現行の基準値を設定しました。

食品群 基準値
(単位:ベクレル/kg)
一般食品 100
乳児用食品 50
牛乳 50
飲料水 10

ご存じですか?食品中の放射性物質の新しい基準値は子どもたちの安全に特に配慮して定められています(政府広報オンライン)

食品中の放射性物質の検査

食品中の放射性物質を、検査結果に基づいて都道府県等が調査しています。毎日の検査結果をとりまとめ、公表しています。

月別の検査結果

検査結果の検索サイト

検査結果の検索サイト(別ウィンドウで開く)

産地別、品目別など、検査結果を検索することができます。

出荷制限・摂取制限

基準値を超える放射性物質が検出された食品については、状況に応じて、出荷や摂取の制限が行われます。

※この制限は、原子力災害対策特別措置法に基づく原子力災害対策本部長の指示により行われるものです。

ページの先頭へ戻る

食品に関するリスクコミュニケーション 〜食品中の放射性物質対策に関する説明会〜

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 東日本大震災関連情報 > 食品中の放射性物質への対応

ページの先頭へ戻る