ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 情報政策

情報政策

行政サービスの利便性の向上、行政運営の効率化等を実現するために
行政サービスの利便性の向上、行政運営の合理化、効率化及び透明化の向上等を図るため、厚生労働行政の情報化を推進するとともに、医療等分野のICT化の推進に取り組んでいます。

施策情報

健康・医療・介護の分野を有機的に連結したICTインフラを2020年度から本格稼働させるべく具体策の検討を加速化するため、厚生労働省内に「データヘルス改革推進本部」を設置し、部局横断的に幅広く検討を行っています。

マイナンバー制度(社会保障分野)の円滑な施行に向け、各種必要な情報を掲載しています。

行政分野へのIT(情報通信技術)の活用による効率的で簡素な行政や、国民向け行政サービスの利便性の向上のため、様々な取組を実施しています。

医療分野の情報化を推進するために、情報連携に必要な標準規格を厚生労働省標準規格として普及を行い、また医療機関等を対象に医療情報システムの安全管理に関するガイドライン等を策定しています。

改正個人情報保護法の施行(平成29年5月30日)後も一部の分野では事業者に対して、個人情報を適切に取り扱っていただくため、引き続き指針(ガイドライン)等を策定しています。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

「電子政府の総合窓口イーガブ」へリンクします。連絡先などご覧いただけます。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 情報政策

ページの先頭へ戻る