健康・医療結核(BCGワクチン)

結核は、結核菌によって発生するわが国の主要な感染症の一つです。毎年新たに1万5000人以上の患者が発生しており、世界的にみても日本はまだ結核の低まん延国ではありません。
いわゆる空気感染を起こし、一般的には肺の内部で増えて、咳、痰、呼吸困難等の症状を呈することが多いですが、肺以外の腎臓、骨、脳など身体のあらゆる 部分に影響を及ぼすことがあります。また、結核菌に感染した場合、必ずしもすぐに発症するわけではなく、体内に留まったのち再び活動を開始し、発症することがあります。

トピックス

9月24~30日は結核予防週間です

厚生労働省においては、毎年9月24日から30日までを「結核予防週間」として、地方自治体や関係団体の御協力を得て、結核予防に関する普及啓発などを行っております。

ポスター

あのとき、○○していれば・・・
     
     

ポスター[PDF形式:438KB]
リーフレット[PDF形式:1,207KB]
 

令和元年度啓発の背景

  • 結核は、患者数及び罹患率(人口あたりの新規結核患者数)が順調に減少しているものの、今でも年間15,000人以上の新しい患者が発生し、約2,000人が命を落としている日本の主要な感染症です。
  • さらに患者数を減少させるには結核の早期診断を強化する必要がありますが、「結核登録者情報調査年報」において、受診や診断が遅れる患者の割合はあまり減少していません。
  • 結核の症状には特徴的なものはなく、咳、痰、微熱や倦怠感など、私たちが日常的に経験する「風邪」の症状とよく似ています。異なるのはそれらの症状が長引くことです。病院を受診した時にいつもの「風邪」と違うところを医師に伝える、医師は受診した方のいつもの「風邪」の症状とは異なるところを聞き出す、それによって結核の可能性を考慮して、早期診断につなげていただきたいとの考えから「あのとき、○○していれば・・・」を本年の結核予防週間の標語としました。

ポスターの解説:いつもと違うところを医師に伝えましょう

  • 結核を発症しても、早期に発見できれば、本人の重症化が防げるだけではなく、大切な家族や友人等への感染の拡大を防ぐことができます。
  • 早期発見のためには、早めに医療機関を受診すること、患者は正しい診断に役立つ情報を医師に伝えることが必要です。そして医師は、必要な情報を患者から聞くことが重要です。しかし、患者と医師の間でそういった情報のやりとりが無いと、診断の遅れや誤った診断につながりやすくなります。
  • この啓発ポスターでは、せっかく病院に行ったのに、症状を上手に医師に伝えられず、結核が進行して入院することになった患者と、症状の聞き取りが不十分だったため、いつもの「風邪」だと思って必要な検査をしなかった医師の心境を描いています。
  • こうした状況にならないために、受診時に皆さんから医師に是非とも伝えてほしい、「感染症の正しい診断をより早く行うために役立つ情報」を例示しました。
    ✔ 痰のからむ咳が2週間以上続いている
    ✔ 微熱・身体のだるさが2週間以上続いている
    に該当する場合には「結核」の可能性があります。また、結核以外の病気であったとしても、症状が2週間以上にわたり続いていることが医師に伝われば、正しい診断に早く至る可能性は高くなります。
    この2つ以外にも、自分自身にしかわからない、医師に伝えることで感染症の正しい診断に役立つ情報にはいろいろなものがあります。そのいくつかの例を挙げています。
    ✔ 最近、海外旅行から帰って来た→麻しん、腸チフス、赤痢アメーバなど
    ✔ 身体に淡いポツポツが出て来た→麻しん、風しん、猩紅熱など
    ✔ 山遊びでダニに咬まれた跡がある→日本紅斑熱、ツツガムシ病、発疹チフス、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)など
    ✔ 海外旅行で何度も蚊に刺された→マラリア、デング熱、ジカ熱など
    ✔ 耳の後ろのリンパ腺が腫れている感じがある→A群溶血性連鎖球菌急性咽頭炎、流行性耳下腺炎、伝染性単核球症など
    いずれかに該当していれば医師に伝えましょう。医師は、普通の「風邪」とは違う様々な感染症の可能性も考慮に入れながら診察することになり、正しい診断につながりやすくなります。
 皆さんも病院を受診する時は「いつもの風邪とは違うところはないかな?」と考えてみて、是非とも医師に伝えてください。
 

<参考:平成29年度結核予防週間ポスター>
それって、いつもの風邪ですか?


ポスター[PDF形式:305KB]


<参考:平成30年度結核予防週間ポスター>
遺したいものはそれですか?

ポスター[PDF形式:433KB]

ページの先頭へ戻る

結核について

病気の概要

結核菌という細菌が体の中に入ることによって起こる病気です。
結核菌は主に肺の内部で増えるため、咳、痰、発熱、呼吸困難等、風邪のような症状を呈することが多いですが、肺以外の臓器が冒されることもあり、腎臓、リンパ節、骨、脳など身体のあらゆる部分に影響が及ぶことがあります。特に、小児では症状が現れにくく、全身に及ぶ重篤な結核につながりやすいため、注意が必要です。

※より詳しい情報についてはhttp://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/ka/tuberculosis.html をご参照下さい。

結核の発生状況について

2018年は15,590人が結核患者として登録されました。

結核にかかった場合

結核を発症した場合、無治療でいると50%程度の方が亡くなってしまうといわれています。現在は、医療の進歩もあり、そこまで高い割合で亡くなることは ありませんが、髄膜炎を発症してしまった場合は、現在でも30%程度の方が亡くなり、治った方においても後遺症を残すことがあるといわれています。

ページの先頭へ戻る

BCGワクチンについて

BCGワクチン接種の効果

生後1歳までのBCGワクチン接種により、小児の結核の発症を52~74%程度、重篤な髄膜炎や全身性の結核に関しては64~78%程度罹患リスクを減らすことができると報告されています。

標準的なBCGワクチンの接種スケジュール

  • 生後5ヵ月~8ヵ月の期間に1回の接種。

※より詳しい情報については http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule.html をご参照下さい。

BCGワクチンの副反応

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、稀に副反応が発生することがあります。
1%以下の割合で、接種した後に局所の潰瘍やリンパ節の腫脹がみられると報告されています。また、発生頻度は不明ですが、接種後に「アナ フィラキシー」、「全身播種性BCG感染症」、「骨炎・骨髄炎」、「皮膚結核様病変」等が発生したという報告があります。

定期の予防接種は、各市町村が実施主体となっていますので、お住まいの市町村での実施方法など、詳細については、市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る

自治体や関係機関向けの情報

結核に関する特定感染症予防指針

結核対策について、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)第11条第1項及び予防接種法(昭和23年法律第68号)第4条第1項に基づき、「結核に関する特定感染症予防指針」(平成19年厚生労働省告示第72号)を定めており、最終改正は平成28年11月です。

本指針の目的は、予防のための総合的な施策を推進する必要がある結核について、国、地方公共団体、関係団体等が連携して取り組むべき課題に対し、取組の方向性を示すことです。 平成28年の改正の主なポイントは、以下のとおりです。

  1. 患者の生活環境に合わせ、必要に応じたDOTS(直接服薬支援)の実施依頼等、地域の関係機関への積極的な調整、潜在性結核感染症(LTBI)の者に対するDOTSの徹底
    など、患者中心のDOTSの推進
  2. 結核菌の遺伝子解析検査やその検査結果を活用した疫学調査の手法の普及など、分子疫学的手法による病原体サーベイランスの推進
  3. 結核に係る定期の健康診断のあり方や、患者数に見合った結核医療提供体制の確保など、低まん延国化(平成32年までに人口10万人対り患率10以下)に向けた体制の検討

【通知】 結核に関する特定感染症予防指針の一部改正について(平成28年11月25日健発1125第2号)[PDF形式:754KB]

【改正後全文】 結核に関する特定感染症予防指針(平成19年厚生労働省告示第72号)[PDF形式:339KB]

【概要】 結核に関する特定感染症予防指針の改正[PDF形式:161KB]

ページの先頭へ戻る

通知・事務連絡等

ページの先頭へ戻る

関連審議会・検討会等

ページの先頭へ戻る

年報

ページの先頭へ戻る

リンク

ページの先頭へ戻る

関連情報

ページの先頭へ戻る