健康・医療結核(BCGワクチン)

結核は、結核菌によって発生するわが国の主要な感染症の一つです。毎年新たに1万人以上の患者が発生しており、世界的にみても日本はまだ結核の低まん延国ではありません。
いわゆる空気感染を起こし、一般的には肺の内部で増えて、咳、痰、呼吸困難等の症状を呈することが多いですが、肺以外の腎臓、骨、脳など身体のあらゆる 部分に影響を及ぼすことがあります。また、結核菌に感染した場合、必ずしもすぐに発症するわけではなく、体内に留まったのち再び活動を開始し、発症することがあります。

トピックス

入国前結核スクリーニングの実施について

我が国における結核患者数が多い国の国籍を有する者のうち我が国に中長期間滞在しようとする者に対して、入国前に結核にり患していないことを求める入国前結核スクリーニングを導入することとしました。
詳細は、 「入国前結核スクリーニングの実施について」のページをご参照ください。

9月24~30日は結核予防週間です

厚生労働省においては、毎年9月24日から30日までを「結核予防週間」として、地方自治体や関係団体の御協力を得て、結核予防に関する普及啓発などを行っております。

ポスター

結核は、過去の病じゃありません。
  
     

ポスター
リーフレット

令和3年度啓発の背景

  • 結核は、患者数及び罹患率(人口あたりの新規結核患者数)は順調に減少しているものの、今でも年間10,000人以上の新しい患者が発生し、約2,000人が命を落としている日本の主要な感染症です。
  • 結核の症状は、長引く咳、たん、微熱、体のだるさなどが挙げられます。結核が進行すると咳やくしゃみによって周りの人への感染リスクが高くなります。そのため、結核の早期発見・診断が重要となります。
  • 昨年以降、新型コロナウイルス感染症の影響により医療機関への受診控えや結核健診の受診率が低下しています。そこで、改めて結核の早期受診・早期診断の重要性を周知したいと考えております。

ポスターの解説:「結核は、過去の病じゃありません。」

  • 2020年の結核罹患率(人口10万対)は過去最低の10.1を記録しました。
  • しかし、新型コロナウイルス感染症の影響による受診抑制等も減少の要因の1つとなっていると考えられます。
  • 結核は症状が気づきにくいため発見・治療が遅れてしまいやすい病気です。そのため、気づかぬうちに重症化や集団感染といった事態になってしまう危険があります。
  • ポスターやリーフレットを通じて結核の早期発見・早期診断の重要性を啓発をすることで、結核健診や医療機関の受診を促していきたいと考えています。
 

<参考:令和元年度結核予防週間ポスター>
あのとき、○○していれば・・・

ポスター


<参考:令和2年度結核予防週間ポスター>
元気ですか?肺