雇用・労働労働政策全般

誰もが「出番」と「居場所」のある社会の実現を目指して

誰もが意欲と能力に応じて働くことができる社会を目指します。少子高齢化社会が進む中での戦略的な労働政策、雇用情勢に応じた機動的な対策などを実施し、労使関係の安定に努めています。また、その基盤となる労働経済の分析も行っています。

ページの先頭へ戻る

重要なお知らせ

ページの先頭へ戻る

施策情報

総合的な労働施策の策定

急速な少子・高齢化の進行、右肩上がりの経済の終焉、経済の国際化に伴う経済社会構造の変化、価値観の多様化などの情勢において、「働く環境の整備、職業の安定、人材の育成」を推進すべく、総合的な労働政策の取りまとめを行っています。

労働経済の総合的な分析

経済社会構造の変化に的確に対応するため、労働経済情勢などについて幅広い分析・検討を行っており、これらの分析が政策の企画・立案に重要な役割を果たしています。

労働経済の分析(労働経済白書)

労働経済の分析(労働経済白書)は、毎年、前年の労働経済の動向とやや長期的な視点から捉えた労働経済問題を分析し、取りまとめているものです。

労働経済分析レポート

労働経済分析レポートは、政策立案を進めていく上で労働経済に関する諸課題の分析が重要であるとの認識の下で、様々なテーマについて多様な分析を行うものです。

ページの先頭へ戻る

関連審議会・検討会等

ページの先頭へ戻る

政策分野関連情報

ページの先頭へ戻る

政策分野に関連のサイト

労働政策全般関連の政策情報

リーフレット等一覧

知って役立つ労働法 -働くときに必要な基礎知識-