外国人介護人材の受入れについて

 

概要

外国人介護人材受入れの仕組みについては、EPA(経済連携協定)、在留資格「介護」、技能実習、特定技能の4制度があります。各制度の概要、趣旨等については、各制度のページをご確認ください。

外国人介護人材受入れの仕組み

EPA(経済連携協定)に基づく外国人介護福祉士候補者の受入れについて
在留資格「介護」について

介護職種の技能実習制度について
介護分野における特定技能外国人の受入れについて

介護事業者等向けガイドブック

厚生労働省補助事業において、介護事業者等向けのガイドブックを作成しました。

<令和3年度>
【特定技能】
▶特定技能外国人の受入れに必要な支援に関するガイドブック 【閲覧用】 【印刷用】
【技能実習】
受入事業所のための介護技能実習生キャリア支援ガイド2022
【留学生】
介護福祉士国家資格取得に向けた留学生指導についての指導のポイント(外部リンク:公益社団法人日本介護福祉士養成施設協会)

<令和2年度>
【特定技能】
特定技能外国人の受入れに関する介護事業者向けガイドブック
【留学生】
介護福祉士国家資格取得に向けた留学生指導についてのガイドライン(外部リンク:公益社団法人日本介護福祉士養成施設協会)

<令和元年度>
【制度共通】
外国人介護職員の受入れと活躍支援に関するガイドブック

<平成30年度>
【制度共通】
▶外国人介護職員の雇用に関する介護事業者向けガイドブック(日本語版) 【閲覧用】 【印刷用】
▶外国人介護職員の雇用に関する介護事業者向けガイドブック(英語版) 【閲覧用】 【印刷用】

介護分野で働く外国人の方のための学習用コンテンツ・テキストについて

厚生労働省補助事業において、介護分野で働く外国人の方のための学習用コンテンツ・テキストを作成しておりますので、用途に応じて効果的な学習に役立ててください。

「にほんごをまなぼう」

「にほんごをまなぼう」は、日本語を学び、日本の介護現場で働く外国人の方々が自律的に学習に取り組むためのWEBコンテンツであり、日本語能力試験のN3程度合格や特定技能評価試験対策などを目的とした学習支援ツールです。こちらのコンテンツは、日本語学習や日本の介護に関心のある方であれば誰でも無料で利用できます。
(厚生労働省の補助事業により、公益社団法人日本介護福祉士会が開発・運用を実施。)

       

「にほんごをまなぼう」は、日本語を学び、日本の介護現場で働く外国人の方々が自律的に学習に取り組むためのWEBコンテンツであり、日本語能力試験のN3程度合格や特定技能評価試験対策などを目的とした学習支援ツールです。
こちらのコンテンツは、日本語学習や日本の介護に関心のある方であれば誰でも無料で利用できます。
(厚生労働省の補助事業により、公益社団法人日本介護福祉士会が開発・運用を実施。)

※上記の画像もしくは以下のリンクから、公益社団法人日本介護福祉士会のホームページ内に掲載のWEBコンテンツにアクセスすることができます。

「にほんごをまなぼう」日本語自律学習支援ツール(WEBコンテンツ)

介護の特定技能評価試験学習用テキスト

介護分野の在留資格「特定技能」の「介護技能評価試験」「介護日本語評価試験」の合格を目指して知識を習得するための学習用テキストです。

日本語版
英語版
クメール語版
インドネシア語版
 正誤表
ネパール語版
 正誤表
モンゴル語版
ビルマ語版
ベトナム語版
中国語版
タイ語版
ウズベク語版

外国人のための介護福祉専門用語集

外国人の方が介護現場で働くときに使う、介護福祉分野の専門用語を学ぶための教材です。

英語版
クメール語版
インドネシア語版
ネパール語版
モンゴル語版
ビルマ語版
ベトナム語版
中国語版
タイ語版
ウズベク語版

外国人のための介護福祉士国家試験一問一答

日本の国家試験である介護福祉士試験の合格を目指す外国人の方向けの教材です。

日本語版
英語版
クメール語版
インドネシア語版
ネパール語版
モンゴル語版
ビルマ語版
ベトナム語版
中国語版
タイ語版
ウズベク語版
正誤表(全言語共通)(更新版)

「介護の日本語」テキスト

介護分野の技能実習生などが、介護の基本的なことばや声かけ表現などの日本語を学ぶための教材です。

「介護の日本語」テキスト(日本語版)
「介護の日本語」テキスト(英語・インドネシア語・ベトナム語・中国語対応版)
「介護の日本語」テキスト(クメール語・タイ語・モンゴル語・ミャンマー語対応版)
「介護の日本語」テキスト(ネパール語・ウズベク語対応版)

■学習用コンテンツ・テキストに関するお問い合わせ先
 〒112-0004 東京都文京区後楽1-1-13 小野水道橋ビル5階 
 (公社)日本介護福祉士会
MAIL:intl-support@jaccw.or.jp
 

お問い合わせ先

社会・援護局 福祉基盤課 福祉人材確保対策室

TEL:03-5253-1111(内線2844)