子ども・子育て事業主の方への給付金のご案内

小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための新たな助成金を創設します

ページの先頭へ戻る

仕事と家庭の両立支援に取り組む事業主等のみなさまへ

  • 両立支援等助成金

助成金の詳細、支給申請についての問い合わせ先
都道府県労働局雇用環境・均等部(室)

雇用関係助成金共通の要件等についてはこちらをご覧ください
事業主の方のための雇用助成関係助成金のページ

ご注意ください
実態と異なる書類等を作成して助成金を受給しようとすることは犯罪です

カムバック支援助成金(再雇用者評価処遇コース)をご活用ください!
カムバック支援助成金のご案内[PDF形式]

 

 

2020年度

 
  • 2020年度については、以下のとおり支給要件を拡充・一部緩和します!
     
    <出生時両立支援コース(子育てパパ支援助成金)>
  • 個別支援加算の新設
    *男性の育児休業を取得しやすい職場風土づくりの取組に加えて、対象男性労働者に対し、育児休業取得前に個別面
   談など育児休業の取得を後押しする取組を行った場合に、以下の金額を加算。

   1人目の育児休業取得:中小企業10万円(12万円)       大企業 5万円(6万円)
   2人目以降の育児休業取得:中小企業 5万円(6万円)   大企業 2.5万円(3万円)
   ※()内は生産性要件を満たした場合の金額

※育児休業については、育児休業等支援コース(育休取得時・職場復帰時)との併給は不可となります。
※「5日以上14日未満の育児休業については所定労働日が4日以上」、「14日以上については所定労働日が
    9日以上」であることが要件となります。

<介護離職防止支援コース>
〇介護休業
・取得日数の要件を「合計14日以上」→「合計5日以上」に緩和
〇介護両立支援制度
・利用日数の要件を「合計42日以上」→「合計20日以上」に緩和
いずれも所定労働日ベース
・介護両立支援制度の導入要件を廃止
 
<育児休業等支援コース>
〇職場復帰後支援
育児・介護休業法の規定内容を上回る「子の看護休暇制度」について、取得時間の要件を、
「20時間以上」→「10時間以上」に緩和。


詳しい支給要件・申請書等につきましては、順次掲載いたします。

2019年度

パンフレット

<分割版>

表紙・目次・留意事項・お問い合わせ先[PDF形式]
出生時両立支援コース[PDF形式]
介護離職防止支援コース[PDF形式]
育児休業等支援コース[PDF形式]
再雇用者評価処遇コース[PDF形式]
支給申請書記入例[PDF形式]

 2019年度の両立支援等助成金の概要はこちら

支給要領

雇用関係助成金共通要領については、こちらからご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html

 

Q&A


支給申請書

ページの先頭へ戻る