雇用・労働安全・衛生

労働安全衛生法の概要

  • 事業場における安全衛生管理体制の確立
  総括安全衛生管理者、安全管理者、衛生管理者、産業医等の選任
  安全委員会、衛生委員会等の設置
  • 事業場における労働災害防止のための具体的措置
  危害防止基準:機械、作業、環境等による危険に対する措置の実施
  安全衛生教育:雇入れ時、危険有害業務就業時に実施
  就業制限 :クレーンの運転等特定の危険業務は有資格者の配置が必要
  作業環境測定:有害業務を行う屋内作業場等において実施
  健康診断 :一般健康診断、有害業務従事者に対する特殊健康診断等を定期的に実施
  • 国による労働災害防止計画の策定
  厚生労働大臣は、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画を策定。

※労働安全衛生法のほか、労働安全衛生分野の法律として、じん肺法や作業環境測定法がある。

ページの先頭へ戻る

施策紹介

安全衛生に関する総合情報、安全衛生統計

申請など手続き

分野別情報

その他

ページの先頭へ戻る