ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 労働基準> 安全・衛生> 外国人労働者の安全衛生対策について

外国人労働者の安全衛生対策について

外国人労働者の安全衛生対策について

パンフレット等  

 中小規模事業場における雇入れ時や作業内容変更時等の安全衛生教育に役立つマニュアルがご覧いただけます。
 (日本語で作成したマニュアルを、英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語に翻訳しています)

建設業・造船業における取組

 平成27年4月より、外国人建設就労者受入事業が開始され、日本国内で就労する、外国人建設就労者は年々増加しています。建設現場では、再入国する 外国人建設就労者との混在作業にも留意する必要があります。
 厚生労働省では、平成28年度から平成30年度の、「
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に係る建設需要に対応した労働災害防止対策事業」の中で、外国人建設就労者者が理解しておくべき日本の建設現場における基本的な安全対策及び外国人を雇用する事業者の安全管理の前提となる基本的事項について、改めて学んで頂くため、講習会形式での安全衛生教育を無料で実施しました。

 平成27年4月より、外国人造船就労者受入事業が開始され、日本国内で就労する、外国人造船就労者は年々増加しています。造船現場では、再入国する 外国人造船就労者との混在作業にも留意する必要があります。
 厚生労働省では、平成29・30年度において、「
外国人造船就労者及び外国人造船就労者を雇用する事業者に対する安全衛生教育」を実施し、外国人造船就労者者が理解しておくべき日本の造船現場における基本的な安全対策及び外国人を雇用する事業者の安全管理の前提となる基本的事項について、改めて学んで頂くため、講習会形式での安全衛生教育を無料で実施しました。

照会先:

労働基準局安全衛生部安全課

(パンフレット等に関する照会先)
物流・サービス産業・マネジメント班(内線5487)

(建設業・造船業における取組に関する照会先)
建設安全対策室(内線5489)

 

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 労働基準> 安全・衛生> 外国人労働者の安全衛生対策について

ページの先頭へ戻る