健康・医療医療保険者によるデータヘルス/予防・健康づくり

近年、健診やレセプトなどの健康医療情報は、平成20年の特定健診制度の導入やレセプトの電子化にともない、その電子的管理が進んでいます。これにより、従来は困難だった電子的に保有された健康医療情報を活用した分析が可能となってきました。データヘルスとは、医療保険者がこうした分析を行った上で行う、加入者の健康状態に即したより効果的・効率的な保健事業を指します。

保険者の予防・健康づくり

保険者による予防・健康づくりや、保険者インセンティブに関する取組・施策の動きを紹介します。

保険者の予防・健康づくり、保険者インセンティブ(2018~2023年度)(2018年7月時点)[PDF形式:4,018KB]

ページの先頭へ戻る

データヘルス・予防サービス見本市

ページの先頭へ戻る

保険者データヘルス全数調査

ページの先頭へ戻る

個人の予防・健康づくりのインセンティブ

ページの先頭へ戻る

歯科口腔保健の取組

ページの先頭へ戻る

健康スコアリング

ページの先頭へ戻る

健保組合、協会けんぽ等

ページの先頭へ戻る

国民健康保険、後期高齢者医療

ページの先頭へ戻る