雇用・労働高年齢者雇用・就業対策

高年齢者が意欲と能力に応じて、年齢にかかわりなく働き続けることができる「生涯現役社会」の実現を目指します。

トピックス

ページの先頭へ戻る

施策紹介

高年齢者雇用・就業対策の概要

 生涯現役社会の実現に向けて、次の3つの柱で施策を講じています。

 1.企業における高年齢者雇用の拡大
 2.地域における多様な雇用・就業機会の確保
 3.企業や高年齢者を支えるための支援

高年齢者雇用安定法に基づき企業が行う措置

 高年齢者雇用安定法では、定年制度や継続雇用制度など、高年齢者の雇用・就業機会の確保のためにそれぞれの企業が講じなければならない措置が規定されています。ここでは、最近の高年齢者雇用安定法の改正の内容と企業における措置の実施状況をご紹介します。

地域における高年齢者の雇用・就業機会の確保

 高年齢者の多様な雇用・就業ニーズに応えるためには、個々の企業による取組に加え、地域の関係者が協働して多様な雇用・就業機会を創出していく機能や、高年齢者の特性に合った就業機会を安定的に提供する機能が重要となります。こうした機能は、高年齢者雇用安定法にも位置付けられています。
 

生涯現役地域づくり環境整備事業(令和4年度から新規採択)

高年齢者の皆様へ

 高年齢者の皆様の希望や就労に関するニーズに丁寧に応えられるよう、全国300カ所のハローワークに「生涯現役支援窓口」を設け、再就職などを支援しています。

ページの先頭へ戻る

事業主の皆様へ

事業主の皆様へ

 厚生労働省では、高年齢者の雇用を確保する事業主の方を支援しています。また、事業主の方には、高年齢者雇用安定法に基づく高年齢者の雇用・就業機会の確保の状況等について、毎年報告にご協力をいただいています。ここでは、各種助成金やサービスの概要や、報告様式についてご紹介しています。

各種助成金

  • (1)65歳以上への定年引上げ等や高年齢者の雇用管理制度の整備等、高年齢の有期契約労働者を無期雇用に転換する措置を講じる事業主の方へ
  •   65歳超雇用推進助成金
  • (2)雇い入れ支援
  • (3)起業するにあたって中高年齢者を雇い入れる40歳以上の方へ
  •   生涯現役起業支援助成金

相談・援助サービス

 定年の引上げや継続雇用制度の導入等を実現するためには、年功的賃金や退職金制度を含む人事管理制度の見直し、職業能力の開発及び向上、職域開発・職場改善等、さまざまな条件整備に取り組む必要があります。そのような取組を支援するため、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構において、実務的な知識や経験を有する専門家である「65歳超雇用推進プランナー」や「高年齢者雇用アドバイザー」による相談・助言サービスをはじめとした各種事業を実施しておりますので、ご活用下さい。

お問合わせ先:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構

  1. (1)65歳超雇用推進プランナー・高年齢者雇用アドバイザーによる相談・助言
  2. (2)企画立案サービス
  3. (3)研修サービス
  4. (4)企業診断システム

高年齢者雇用の各種情報の提供

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、定年引上げ、継続雇用延長や、高年齢者の雇用を進めていくために、各種情報を提供しておりますので、ご活用ください。

  1. (1)70歳雇用推進マニュアル
  2. (2)先進企業の取り組み事例
  3. (3)産業別の取り組み事例
  4. (4)啓発誌「エルダー」

高年齢者雇用状況等報告について

ページの先頭へ戻る

関連情報

ページの先頭へ戻る