ハローワーク

公共職業安定所(ハローワーク)の庁舎外観


ハローワーク(公共職業安定所)は、民間の職業紹介事業等では就職へ結びつけることが難しい就職困難者を中心に支援する最後のセーフティネットとしての役割を担う、国(厚生労働省)の機関です。
ハローワークでは、地域の総合的雇用サービス機関として、職業紹介、雇用保険、雇用対策などの業務を一体的に実施しています。

全国のハローワーク

ハローワークを利用したい都道府県名をクリックしてください。
※ 一部ハローワークへの電話でのお問い合わせは、コールセンターが対応しております。
 詳しくはハローワークコールセンターのご案内をご覧ください。

ご利用に当たってのご案内

ハローワークのご利用可能時間(開庁時間)は、原則8:30~17:15(平日)です。

初めて相談する時や、雇用保険の手続を行いたい時などは、手続に時間がかかることがあります。おすすめしているご利用時間帯は、以下の通りです。
窓口の種類 利用できる曜日 おすすめの利用時間帯
職業相談・職業紹介 平日 9:00~17:00
雇用保険の受給資格決定
(失業等給付を受けるための最初の手続)
平日 おおむね16:00までにお越しください

平日夜間、土曜日に職業相談を利用できる窓口

職業相談サービスについて、一部の施設では平日夜間や土曜日の利用も可能です。
(雇用保険の手続はできませんので、ご注意ください)

専門的な相談ができる様々なハローワークなど

「ハローワーク」の名前について

「ハローワーク」は、公共職業安定所が地域に根ざした機関として発展し、地域住民に一層親しまれる存在となることをめざして公募された愛称で、平成2(1990)年から使用しています。

ハローワークのサービス向上の取組

サービス憲章の策定をきっかけに職員一人ひとりが窓口サービスの基本を再確認し、利用者の多様なニーズに応えるよう今まで以上に取り組んで、満足度の高い窓口サービスを提供していく決意を表したものです。

業務改善コンクール

全国のハローワークのサービスの向上、業務の改善を図ることを目的として、実際にサービス向上や業務改善につながった主体的な取組を全国のハローワークなどから募り、優れた事例を表彰し、共有・活用するのが狙いです。隔年実施で、これまで5回開催しました。

公共職業安定所(ハローワーク)の主な取組と実績

ハローワークのマッチング機能に関する業務の評価・改善の取組

ハローワークの機能強化を図るため、従来の目標管理・業務改善の拡充、マッチング機能に関する業務の総合評価、評価結果等に基づく全国的な業務改善を、平成27年度から実施しています。

ハローワーク ご利用者の声

ハローワークの窓口や、ハローワークが提供するサービスをご利用いただいた皆様からお寄せいただいた感想やコメント、実際の相談事例を掲載しています。

担当:職業安定局 総務課公共職業安定所運営企画室