伐木等作業安全対策推進事業【厚生労働省委託事業】


 林業における労働災害発生率は、他産業と比較して極めて高く、国際的に見ても高い水準にあります。また、死亡者数については、平成23年以降40人前後で推移しています。この一方、平成31年2月に改正された労働安全衛生規則を踏まえ、従来からの伐木等作業における安全作業に係る作業方法や手順等を改めて整理するとともに、現に伐木等作業に従事する労働者の能力向上等を図るため、更なる安全対策の推進が求められています。
 この事業は、伐木等作業における安全作業のためのマニュアルを開発し、このマニュアルに基づく、林業の事業場における安全担当者を対象とする安全対策講習会を実施し、マニュアルの定着等を図ることにより、伐木等作業における安全対策を推進することを目的として、令和元(平成31)年度から実施しています。
 

○令和元年度 受託者 一般社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会

 

チェーンソーを用いた伐木等作業に係る安全作業のためのマニュアル


・令和元年度作成マニュアル
チェーンソーを用いた伐木作業安全マニュアル

※令和元年度に作成したマニュアルです。
令和2年1月31日付け改正「チェーンソーによる伐木等作業の安全に関するガイドライン」の内容は含まれていませんので、ご留意ください。

安全対策講習会の開催


上記のマニュアの定着を図り、チェーンソー作業における労働災害防止対策を一層推進するため、安全対策講習会を全国8か所で開催いたします。
チェーンソーを使用される機会のある林業関係の事業場をはじめ、建設、造林等の事業場の安全担当の皆さまにご参加いただきますようご案内いたします。
詳しくは、こちら(受託者のホームページ)をご覧ください。