特定求職者雇用開発助成金(成長分野人材確保・育成コース)

重要なお知らせ

●令和4年4月1日より、特定求職者雇用開発助成金(成長分野人材確保・育成コース)を創設しました。
 詳しくは、リーフレットをご確認ください。

 

助成内容

概要

高年齢者や障害者等の就職困難者を、ハローワーク等の紹介により継続して雇用する労働者(雇用保険の一般または高年齢被保険者)として雇い入れて「成長分野等の業務」(※)に従事させ、人材育成や職場定着に取り組む場合に、特定求職者雇用開発助成金の他のコースより高額の助成金を支給します。

(※)デジタル・DX化関係業務及びグリーン・カーボンニュートラル化関係業務

主な支給要件

本助成金を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。
 

1. 以下の対象労働者種別に応じた特定求職者雇用開発助成金の他のコースの支給要件をすべて満たすこと
        対象労働者種別         対応するコース
障害者、60~64歳の者、母子家庭の母等 等 特定就職困難者コース
65歳以上の者 生涯現役コース
東日本大震災の被災離職者 等 被災者雇用開発コース
発達障害者、難治性疾患患者 発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース
就職氷河期世代の者 就職氷河期世代安定雇用実現コース
生活保護受給者、生活困窮者 生活保護受給者等雇用開発コース

2. 対象労働者を、いずれかの「成長分野等の業務」に従事させること

3. 対象労働者に対して、雇用管理改善または職業能力開発にかかる取組を行うこと  

4. 2.及び3.に関すること等について記載した計画書及び報告書を提出すること
  • このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの支給要件がありますので、詳しくは下記の「パンフレット」や「お問い合わせ先」までご確認ください。

雇用関係助成金共通の要件[PDF形式:499KB]

 

支給額

本助成金の支給額は、対象労働者種別と企業規模に応じて1人あたり下表のとおりです。

対象労働者 支給額 助成対象期間 支給対象期ごとの支給額
短時間労働者以外の者 [1]
高年齢者(60~64歳)
母子家庭の母等
就職氷河期世代の者
生活保護受給者等  等
90万円
(75万円)
1年
(1年)

45万円 × 2期

(37.5万円 × 2期)

[2]
65歳以上の高年齢者
105万円
(90万円)
1年
(1年)

52.5万円 × 2期

(45万円 × 2期)

[3]
身体・知的障害者
発達障害者
難治性疾患患者
180万円
(75万円)
2年
(1年)

45万円 × 4期

(37.5万円 × 2期)

[4]
重度障害者等(※1)
360万円
(150万円)

3年
(1年6か月)

60万円 × 6期

(50万円× 3期)

短時間労働者(※2) [5]
高年齢者(60~64歳)
母子家庭の母等
生活保護受給者等  等
60万円
(45万円)
1年
(1年)

30万円 × 2期

(22.5万円 × 2期)

[6]
65歳以上の高年齢者
75万円
(60万円)
1年
(1年)

37.5万円 × 2期

(30万円 × 2期)

[7]
障害者
発達障害者
難治性疾患患者
120万円
(45万円)
2年
(1年)

30万円 × 4期

(22.5万円 × 2期)

  • 注;( )内は中小企業事業主以外に対する支給額および助成対象期間です。
  • ※1「重度障害者等」とは、重度の身体・知的障害者、45歳以上の身体・知的障害者及び精神障害者をいいます。
  • ※2「短時間労働者」とは、一週間の所定労働時間が、20時間以上30時間未満である者をいいます。
  •  
  • ただし、支給対象期ごとの支給額は、支給対象期に対象労働者が行った労働に対して支払った賃金額を上限とします。
  • 雇入れ事業主が、対象労働者について最低賃金法第7条の最低賃金の減額の特例の許可を受けている場合は、支給対象期について対象労働者に対して支払った賃金に次の助成率を乗じた額(表の支給対象期ごとの支給額を上限とする)となります。
    ・対象労働者が重度障害者等以外の者の場合 1/2(中小企業事業主以外3/8)
    ・対象労働者が重度障害者等の場合 3/4(中小企業事業主以外1/2)



 

詳細情報

パンフレット等

お問い合わせと申請手続

お問い合わせ先(支給申請窓口)

支給申請書ダウンロード

記入マニュアル