「健康食品」のホームページ

はじめに

健康づくりにおいては、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。その上で、「健康食品」を利用するに当たっては、国民がそれぞれの食生活の状況に応じた適切な選択をする必要があります。
病気等により身体に不安を抱えている方は、事前に摂取の可否等について医療機関に相談してください。
健康食品の正しい利用法については、健康食品のパンフレットをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

「健康食品」とは

健康食品と呼ばれるものについては、法律上の定義は無く、広く健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般を指しているものです。
そのうち、国の制度としては、国が定めた安全性や有効性に関する基準等を満たした「保健機能食品制度」があります。

保健機能食品制度

保健機能食品制度は、「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)食品の場合にはその機能について、また、国の定めた栄養成分については、一定の基準を満たす場合にその栄養成分の機能を表示することができる制度です。保健機能食品制度に関する業務は、平成21年9月1日に消費者庁に移管されましたので、お問い合わせ・ご相談は、消費者庁食品表示企画課(代表03-3507-8800)にしていただきますよう、よろしくお願いいたします。
※機能性表示食品制度は平成27年4月から開始。

ページの先頭へ戻る

「健康食品」の安全性に関する情報等

関係法令等

関係法令等

通知等

通知等

「健康食品」に関するQ&A

「健康食品」に関するQ&A

健康被害情報

健康被害情報

無承認無許可医薬品情報

無承認無許可医薬品情報

「健康食品」の安全性・有効性情報

「健康食品」の安全性・有効性情報

関連HPへのリンク集

関連HPへのリンク集

ページの先頭へ戻る

「健康食品」の安全性の確保

「健康食品」の安全性の確保[PDF形式:478KB]は、製造段階から販売段階、健康被害情報の収集・処理にわたる幅広い取組が必要であると考えられることから、次のような取組を行っています。

  1. 1健康被害情報の収集及び新開発食品等の販売禁止
  2. 2製造段階における危害発生の防止
  3. 3消費者に対する普及啓発

ページの先頭へ戻る

審議会・検討会

近年、国民の健康に対する関心の高まり等を背景に、様々な「健康食品」が販売されていますが、国においてはこれまで、国民がそれぞれの食生活の状況に応じて適切に食品を選択できるよう、また国民に対し健康上の被害や安全性に関する不安を与えることのないよう、一定の規格基準、表示基準等を定める等の環境整備を行ってきたところです。
一方で、近年、一般に飲食に供されることがなかったものや特殊な形態のもの等、様々な食品が「健康食品」として流通するようになり、これに起因する健康被害の発生等が危惧されています。
このような状況を踏まえ、検討会を開催して今後の「健康食品」における安全性確保のあり方を中心に検討を行いました。

「健康食品」の安全性確保に関する検討会報告書(平成20年7月報告書公表)

薬事・食品衛生審議会 食品衛生分科会

ページの先頭へ戻る