健康・医療健康被害情報

「いわゆる健康食品」による健康被害事例

都道府県等から報告を受けた健康被害事例のうち、医薬品成分が検出されたもの以外の事例については、「いわゆる健康食品」による事例として取扱います。

病気等により身体に不安を抱えている方は、健康食品を摂取する場合は事前に摂取の可否等について医療機関に相談してください。

ページの先頭へ戻る

紅麹を含む健康食品関係(令和6年3月~)

小林製薬が製造・販売した廃棄命令等の対象である以下の3製品がお手元にある方は、直ちに喫食を中止し、何らかの異常がある場合には、医療機関を受診するか最寄りの保健所にご相談ください。

対象製品:
1.紅麹コレステヘルプ(45 粒 15 日分、90 粒 30 日分、60 粒 20 日分)
2.ナイシヘルプ+コレステロール
3.ナットウキナーゼさらさら粒 GOLD

製品に関すること(自主点検結果等)

○小林製薬の紅麹を含む健康食品3製品(食品衛生法第6条第2号に該当すると判断)

回収方法はこちら👆(小林製薬のニュースリリースへ)

○小林製薬の紅麹を原料とする製品のうち、回収命令の対象とした3製品以外の製品への対応

戻る

小林製薬が製造した紅麹を含む食品に関するリコール情報

 自主回収報告制度に基づき、営業者から保健所へ届出された食品リコール情報は、厚生労働省ホームページで公表しており、「公開回収事案検索」で検索することができます。
 そのうち、回収命令対象の3製品に加え、小林製薬が製造した紅麹を含む食品として、自主回収を行っている製品を別添のとおり抽出しました。
 個々の回収製品情報については、リストの「回収詳細リンク」から詳細をご参照ください。

戻る

健康被害情報

○健康被害の状況等について

PDF版はこちら[178KB]


○小林製薬から聞き取った数値について

PDF版はこちら[205KB]

○自治体(大阪市等)から聞き取った数値について

PDF版はこちら[96KB]
 

戻る

 

原因究明

○原因物質の特定について(3月29日公表)

PDF版はこちら[607KB]

小林製薬社製の紅麹を含む食品の事案に係る取組について(国立医薬品食品衛生研究所)(4月19日公表)

   
PDF版はこちら[273KB]


小林製薬社製の紅麹を含む食品の事案に係る取組について(国立医薬品食品衛生研究所)(5月28日公表)
  
  
  
PDF版はこちら[567KB]

戻る

病像について

戻る

通知・事務連絡等


       参考:小林製薬株式会社ニュースリリース
          (第1報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
        (第2報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第3報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第4報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第5報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第6報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第7報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第8報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第9報)紅麹関連製品の使用中止のお願いと自主回収のお知らせ
          (第10報)紅麹関連製品による被害の発生状況について

戻る

連絡会議等

戻る

関係閣僚会合等

戻る

審議会等

戻る

参考資料(リーフレット)

小林製薬による紅麹関連製品の使用中止のお願い(PDF形式)
日本語【Japanese】[369KB]
英語【English】[291KB]
中国語【Chinese】[284KB]
韓国語【Korean】[498KB]

戻る

よくある御質問

戻る

その他(関連リンク先等)

紅麹使用製品に関するお問い合わせ窓口(コールセンター)
・電話番号:0120-388-687
・受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

※令和6年6月末をもって、厚生労働省の設置する「紅麹使用製品に関するお問い合わせ窓口」(コールセンター)は運営を終了しました。

令和6年7月以降の
「紅麹使用製品に関するお問い合わせ」は、
・電話番号:03-3595-2798
・受付時間:9時00分~18時00分(平日のみ)

戻る

ページの先頭へ戻る

その他過去の事例

サウロパス・アンドロジナス(別名アマメシバ)を含む粉末剤、錠剤等の剤型の健康食品関係(平成15年5月~9月)

D-ソルビトールを多量に添加した健康食品関係(平成15年8月~10月)

雪茶関係(平成15年12月)

シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品関係(平成16年6月)

その他の事例

外国でいわゆる健康食品やサプリメントとして販売されている製品についての情報はこちらもご確認ください。

ページの先頭へ戻る