食品衛生月間

食品衛生月間の実施について

厚生労働省では、食品衛生管理の徹底及び地方公共団体等におけるリスクコミュニケーションへの取組の充実等を図るため、8月の一ヶ月間を「食品衛生月間」と定めています。
実施にあたっては「食品衛生月間実施要領」を定め、各地方公共団体のほか、関係省庁、関係団体等にご協力いただいています。

食品衛生月間のポスター(食中毒予防の3原則。つけない!ふやさない!やっつける!。さらにノロウイルス対策には持ち込まない!拡げない!。食品衛生月間:2018年8月1日~31日)

平成30年度

主催
厚生労働省 都道府県 保健所設置市 特別区
後援
文部科学省 農林水産省 消費者庁
協賛
公益社団法人日本食品衛生協会
一般財団法人日本公衆衛生協会 独立行政法人国民生活センター 独立行政法人日本スポーツ振興センター

ページの先頭へ戻る

トピックス

ページの先頭へ戻る

食中毒予防のポイント

食中毒というと、飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。普段、当たり前にしていることが、思わぬ食中毒を引き起こすことがあるのです。

家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず、重症化することもあります。家庭での食事作りでの食中毒予防のポイントをチェックしてみましょう。

食中毒予防の3原則 食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」

パンフレット

家庭でできる食中毒予防の6つのポイント[PDF形式:580KB]

カンピロバクターによる食中毒予防

ご自由に印刷してお使い下さい。

動画

詳細についてはこちら

食品衛生月間実施要領

食品衛生月間実施要領(平成30年度)[PDF形式:75KB]

ページの先頭へ戻る

厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全企画課