健康・医療自主回収報告制度(リコール)に関する情報

重要なお知らせ

令和3年6月1日から、食品等の自主回収を行った場合の届出が義務化されました!

自主回収報告制度の創設について

事業者による食品等のリコール情報を行政が確実に把握し、的確な監視指導や消費者への情報提供につなげ、食品による健康被害の発生を防止するため、事業者がリコールを行う場合に行政への届出を義務づけました。

ページの先頭へ戻る

施策紹介

報告の対象について

食品衛生法に違反する、または食品衛生法違反のおそれがある食品等が自主回収報告制度の対象となります。


 ◆ 報告対象から適用が除外される場合の詳細はこちらをご覧ください。[PDF形式:118KB]
 

届出手続について

届出手続きの詳細はこちらをご覧ください。[PDF形式:95KB]

クラス分類について

届出された自主回収情報は健康被害発生の可能性を考慮し、クラス分類がなされます。

ページの先頭へ戻る

回収情報

ページの先頭へ戻る

食品衛生等申請システム

「食品衛生申請システム」で届出をすることができます。

利用マニュアル

問い合わせ先(ヘルプデスク)

システムに関する動作・操作・仕様については下記へお問い合わせください。
※ お問い合わせいただく前に、「利用マニュアル」や「よくあるご質問」を御確認いただきますと、お問い合わせ内容に対する解決策が見つかるかもしれませんので、是非ご活用ください。
※ 申請や届出に関する内容は、保健所へお問い合わせください(営業の種類として業種の選択に関すること等)。

受付時間:08:30-18:00(平日)
TEL : 080-4953-0566(代表)

Mail : TJ-fas-helpdesk@tjsys.co.jp

ページの先頭へ戻る

関連情報

ページの先頭へ戻る

その他

リーフレット

食品リコールについて
(事業者)
食品リコールについて
(消費者向)
食品衛生申請等申請システム
について
食品衛生法の改正について
(日本語:令和3年)
食品衛生法の改正について
(日本語:平成30年)

リスクコミュニケーション

ページの先頭へ戻る