ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 労働基準監督官

労働基準監督官採用試験

労働基準監督官(Labour Standards Inspector)とは

 全国では、約410万の職場で約5,300万人が働いています。
 働く人にとって安心・安全な職場環境を実現するためには、労働基準法などで定められた労働条件が確保され、その向上が図られることが重要です。
 労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいてあらゆる職場に立ち入り、法に定める基準を事業主に守らせることにより、労働条件の確保・向上、働く人の安全や健康の確保を図り、また、不幸にして労働災害にあわれた方に対する労災補償の業務を行うことを任務とする厚生労働省の専門職員です。

労働基準監督官採用試験

トピックス

2020年02月03日 「2020年度労働基準監督官採用試験パンフレット」を掲載しました。
  「2020年度受験案内」を掲載しました。

2020年度第1次試験合格者等説明会のお知らせ

 都道府県労働局において、第1次試験合格者等向けの説明会(8/26〜8/28)を実施します。詳細はこちらをご覧下さい。

2020年度最終合格者に対する採用面接の実施について 

 最終合格された方は、採用を希望する都道府県労働局において採用面接を受けていただく必要があります。詳細はこちらをご覧下さい。

都道府県労働局からのお知らせ

 都道府県労働局において第1次試験合格者等向けの説明会(8/26〜8/28)とは別に、随時、職場見学会などを開催しています。(順次更新予定)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北海道労働局 PR動画を作成しました!
東 京労働局 東京局志望者向けセッションコーナー(座談会)を開催します!
神奈川労働局 ライン公式アカウントを開設しました!
福 井労働局 若手監督官との意見交換会&職場見学会を開催します!
静 岡労働局 職場見学会を開催します!(9月25日(静岡、10月5日(浜松))
大 阪労働局 PR動画を大阪労働局YouTubeチャンネルに掲載しました!
大 阪労働局 大阪局志望者向け業務説明会を実施します!
兵 庫労働局 LINE公式アカウントにて随時情報発信中!
兵 庫労働局 新任監督官の座談会の様子を公開しています!
島 根労働局 島根局希望者向け個別相談会を実施します!
愛 媛労働局 個別相談会を開催します!
佐 賀労働局 職場見学会を開催します!
(期間:9月28日(月)〜10月2日(金))
長 崎労働局 9/28・29に職場見学会を開催します!

インターンシップ情報

インターンシップを各地で実施しています。

ページの先頭へ戻る

2020年度労働基準監督官採用試験パンフレット、受験案内

   

ページの先頭へ戻る

先輩労働基準監督官インタビュー

ページの先頭へ戻る

2020年度 採用予定者数について 

採用予定者数 約230名
※労働基準監督A 約185名
  労働基準監督B 約  45名

(注)採用予定数は、変動することがあります。

ページの先頭へ戻る

直近3年の試験の実施状況

労働基準監督官採用試験 試験区分別実施状況(2019年度)

(単位:人)

試験の区分 申込者数 第1次試験合格者数 最終合格者数
労働基準監督A 2,703(1,009) 1,111(397) 379(162)
労働基準監督B 805(154) 475(88) 194(44)
合計 3,508(1,163) 1,586(485) 573(206)

労働基準監督官採用試験 試験区分別実施状況(平成30年度)

(単位:人)

試験の区分 申込者数 第1次試験合格者数 最終合格者数
労働基準監督A 3,156(1,137) 1,043(337) 396(170)
労働基準監督B 889(159) 545(102) 216(45)
合計 4,045(1,296) 1,588(439) 612(215)

(注)( )内の数字は女性を内数で示す。

労働基準監督官採用試験 試験区分別実施状況(平成29年度) 

(単位:人)

試験の区分 申込者数 第1次試験合格者数 最終合格者数
労働基準監督A 2,835(993) 841(258) 339(123)
労働基準監督B 876(139) 498(68) 139(24)
合計 3,711(1,132) 1,339(326) 478(147)

(注)( )内の数字は女性を内数で示す。

2020年度労働基準監督官採用試験 試験要綱

 労働基準監督官は、あらゆる業種の事業場に立ち入り、法に定める賃金・労働時間や安全衛生に関する基準などが守られているかを調査すること等を主な職務としているため、文系的な知識のみならず、理系的な知識も必要となります。
 労働基準監督官試験については、A(法文系)、B(理工系)の区分があり、どちらの区分でも、採用後の処遇に違いはありません。

○受験資格
 ・1990(平成2)年4月2日〜1999(平成11)年4月1日生まれの者
 ・1999(平成11)年4月2日以降生まれの者で次に掲げるもの
  @大学を卒業した者及び2021(令和3)年3月までに大学を卒業する見込みの者
  A人事院が@に掲げる者と同等の資格があると認める者

○試験日程
 (1)インターネット受付期間:2020年3月27日(金)9:00〜4月8日(水)受信有効
    ※ 受験申込はこちら(人事院ホームページ)
 (2)第1次試験日:2020年6月7日(日)
 (3)第1次試験合格者発表日:2020年6月30日(火)
 (4)第2次試験日:2020年7月14日(火)〜16日(木)(第1次試験合格通知書で指定する日)
 (5)最終合格者発表日:2020年8月18日(火)

○試験科目

  試験種目 解答題数
解答時間
配点比率 内容
第1次試験 基礎能力試験
(多肢選択式)
40題
2時間20分
2/7 公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験
  • 知能分野27題
    • 文章理解[11]、判断推理[8]、数的推理[5]、資料解釈[3]
  • 知識分野13題
    • 自然・人文・社会[13](時事を含む。)
専門試験
(多肢選択式)
40題
2時間20分
3/7 各試験の区分に応じて必要な専門的知識などについての筆記試験
【労働基準監督A】
  • 48題出題  40題解答
    必須問題 12題
    • 労働法[7]、労働事情(就業構造、労働需給、労働時間・賃金、労使関係)[5]
    選択問題
    • 次の36題から28題選択
      • 憲法、行政法、民法、刑法[16]、経済学、労働経済・社会保障、社会学[20]

【労働基準監督B】
  • 46題出題  40題解答
    必須問題 8題
    • 労働事情(就業構造、労働需給、労働時間・賃金、労使関係、労働安全衛生)[8]
    選択問題
    • 次の38題から32題選択
      • 工学に関する基礎(工学系に共通な基礎としての数学、物理、化学)[38]
専門試験
(記述式)
2題
2時間
2/7 各試験の区分に応じて必要な専門的知識などについての筆記試験
【労働基準監督A】
  • 2題出題  2題解答
    • 労働法1題、労働事情(就業構造、労働需給、労働時間、賃金、労使関係)1題

【労働基準監督B】
  • 4〜6題出題 2題解答
    必須問題
    • 工業事情1題
    選択問題
    • 工学に関する専門基礎(機械系、電気系、土木系、建築系、衛生・環境系、応用化学系、応用数学系、応用物理系等の工学系の専門工学に関する専門基礎分野)から3〜5題出題し、うち1題選択
第2次試験 人物試験   人柄、対人的能力などについての個別面接(参考として性格検査を実施)
身体検査   主として胸部疾患(胸部エックス線撮影を含む。)、血圧、尿、その他一般内科系検査

(注)第1次試験合格者は、「基礎能力試験(多肢選択式)」及び「専門試験(多肢選択式)」の成績を総合して決定。「専門試験(記述式)」は、第1次試験合格者を対象に評定した上で、最終合格者決定に当たり、他の試験種目の成績と総合。

※ 試験問題例(人事院ホームページ)

ページの先頭へ戻る

採用までの流れについて

 平成30年度の採用試験から、労働基準監督官採用試験の最終合格後、最終合格者が勤務を希望する都道府県労働局で採用面接を行い、採用後は、原則として採用された労働局で勤務することとなりました。

ページの先頭へ戻る

採用後の処遇等について

○研修

 採用後1年間、監督関係業務に係る基礎的研修・実地訓練を受けます。この間に労働大学校で実施される中央研修(前期及び後期)を約3か月間にわたり受講することになります。研修の内容は、法令に関する知識や産業の安全衛生に関する知識等を十分に修得できるカリキュラムとなっています。
 また、採用時の研修のほか、定期的に又は昇進時において中央研修が実施されます(安全衛生業務基礎研修、専門研修、署長研修等)。

○キャリアパス

 採用後は、主に採用された労働局管内の労働基準監督署に配置され、その後、採用後3年目及び原則として13年目(※)に各2年間、採用された労働局以外の労働局へ異動しますが、その他の期間は、採用された労働局内の労働基準監督署(労働局を含む)をおおむね2〜3年ごとに異動することになります。採用5年目以降は、労働基準監督署だけではなく、随時、労働局での勤務も経験することになります。また、本人希望に応じて、採用後3年目以降、厚生労働本省で勤務するという選択肢もあります。
(※)13年目からの他局勤務について、結婚、出産、育児、介護等の事情がある場合には、他局勤務の時期を早い時期又は遅い時期に変更することもあります。

 採用後の4年間は全員が監督業務に従事し、採用後5年目以降は、監督業務を中心とするキャリアパス(※)と、安全衛生業務を中心とするキャリアパスがあります。どちらのキャリアパスでも、将来的な昇進等に差はありません。
(※)監督業務を中心とするキャリアパスでは、総合性を高めるため、採用後15年目までに、安全衛生業務と労災補償業務に各1年以上従事することとなります。

 労働基準監督官は、努力次第で都道府県労働局長、労働基準監督署長など労働基準行政機関の幹部に昇進することができます。

○給与

 初任給は、大学卒業後、直ちに採用された場合については、行政職俸給表(一)1級26号俸(183,900円)に格付けされますが、大学卒業後で採用前に職歴などがある場合には、一定計算に基づきその期間を経験年数として換算し、それに応じてさらに上位の号俸に格付けされることがあります。
 このほか、通勤手当、扶養手当、期末・勤勉手当、地域手当などの諸手当が支給されます。

ページの先頭へ戻る

問合せ先

厚生労働省労働基準局総務課人事係
TEL:03-5253-1111(内線5629、5411)
 又は
都道府県労働局総務部総務課(都道府県労働局連絡先一覧[284KB])


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 厚生労働省について > 採用情報 > 労働基準監督官

ページの先頭へ戻る