ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 非正規雇用(有期・パート・派遣労働)> 非正規雇用の労働者を雇用する事業主の方へ> キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金

重要なお知らせ

平成31年度のパンフレットを掲載しました。

平成31年4月1日以降の取組についてはこちらのパンフレットをご覧ください

    ※令和元年7月10日更新

平成30年4月1日以降の取組に係るQ&A

○事業主のみなさまからのよくあるご質問について、Q&Aを掲載しました。


平成31年4月1日 主な改正内容

1.賃金規定等共通化コース
 ・職務評価加算の支給について、1適用事業所当たり1回限りに変更。

2.選択的適用拡大導入時処遇改善コース
 ・1人当たり支給額の引き上げ。
 ・1適用事業所における1年度の申請上限人数を45人に拡充。

3.短時間労働者労働時間延長コース
 ・1人当たり支給額の引き上げ。
 ・1適用事業所における1年度の申請上限人数を45人に拡充。

ページの先頭へ戻る

助成内容

 

概要

 有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(以下、「有期契約労働者等」という。)の企業内でのキャリアアップを促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。

 本助成金は次の7つのコースに分けられます。

  • 1 有期契約労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等への転換等を助成する「正社員化コース」
  • 2 有期契約労働者等の賃金規定等を改定した場合に助成する「賃金規定等改定コース」
  • 3 有期契約労働者等に対し、労働安全衛生法上義務づけられている健康診断以外の一定の健康診断制度を新たに規定し、適用した場合に助成する「健康診断制度コース」
  • 4 有期契約労働者等に関して、正規雇用労働者と共通の職務等に応じた賃金規定等を新たに設け、適用した場合に助成する「賃金規定等共通化コース」
  • 5 有期契約労働者等に関して、正規雇用労働者と共通の諸手当に関する制度を新たに設け、適用した場合に助成する「諸手当制度共通化コース」
  • 6 労使合意に基づき社会保険の適用拡大の措置を講じ、新たに被保険者とした有期契約労働者等の基本給を増額した場合に助成する「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」
  • 7 短時間労働者の週所定労働時間を5時間以上延長し、当該労働者が新たに社会保険適用となった場合に助成する「短時間労働者労働時間延長コース」 
  •   また、短時間労働者の週所定労働時間を1時間以上5時間未満延長し、当該労働者が新たに社会保険適用となった場合も、労働者の手取り収入が減少しないように2または6と併せて実施することで一定額を助成



助成内容等の詳細は「キャリアアップ助成金パンフレット」をご覧下さい。
このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの受給要件がありますので、詳しくはこちらの「PDF お問い合わせ先」[462KB]までお問い合わせください。
 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

 

制度変更のお知らせ

・平成28年2月10日から次のような制度変更を行いました。

・平成28年4月から次のような制度変更を行いました。

・平成28年4月1日から次のような制度変更を行いました。

・平成28年8月5日から次のような制度変更を行いました。

・平成28年10月1日から次のような制度変更を行いました。

・今後(平成28年10月中旬頃)、次のような制度変更を行う予定です。

   ※ 平成28年10月19日から施行されました。

・平成30年4月1日から次のような制度変更を行う予定です。

   ※ 平成30年4月1日から施行されました。

・平成31年4月1日から次のような制度変更を行う予定です。

   ※ 平成31年4月1日から施行されました。



ページの先頭へ戻る
 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


施策に関連のサイト

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 非正規雇用(有期・パート・派遣労働)> 非正規雇用の労働者を雇用する事業主の方へ> キャリアアップ助成金

ページの先頭へ戻る