ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 非正規雇用(有期・パート・派遣労働)> 非正規雇用の労働者を雇用する事業主の方へ> キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金 

重要なお知らせ

●【重要】従業員数が100人を超える事業主(企業)のみなさまへ
選択的適用拡大導入時処遇改善コースの助成対象となる取組(※)の実施期限は令和3年9月30日(木)です。
(取組実施からおよそ6か月後に申請期間(2か月間)が訪れます。)
なお、従業員数が100人以下の事業主(企業)のみなさまにおかれては、取組の実施期限を令和4年9月30日(金)としています。(令和3年9月1日)

※一部の加算措置を除きます。詳しくはこちらの4ページ目「5.選択的適用拡大導入時処遇改善コース」をご確認ください。

●令和3年4月から正社員化コース、諸手当制度等共通化コース(令和2年度における諸手当制度共通化コースの名称変更)、選択的適用拡大導入時処遇改善コース、短時間労働者労働時間延長コースに関する要件の変更、健康診断制度コースの諸手当制度等共通化コースへの統合および障害者正社員化コースを新設しました。詳細は「キャリアアップ助成金が令和3年度から変わります~ 令和3年4月1日以降変更点の概要~」をご覧ください。(令和3年4月1日)

新型コロナウイルス感染症の影響により離職を余儀なくされた者であって、就労経験のない職業に就くことを希望する者の安定的な早期再就職支援を図るため、正社員化コースにおいて助成対象を拡充する制度改正を行いました。(令和3年2月5日)
  (令和3年2月5日~)キャリアアップ助成金(正社員化コース)の制度拡充要件に関するQ&A

●行政手続きコスト削減等の観点から、事業主等に対して記名・押印又は署名を求めている関係様式について、
  記名・押印又は署名を不要とする改正を行いました。(令和2年12月25日)

 

●ホームページ掲載内容の一部誤りのお詫びと訂正について(令和2年7月31日)


新型コロナウイルス感染症の影響等に係るキャリアアップ助成金の手続について(Q&A)

新型コロナウイルス感染症の影響等に係るキャリアアップ助成金の手続きに関するQ&A(令和2年4月7日現在)


 

令和3年度のパンフレットを掲載しました。

令和3年4月1日以降の取組についてはこちらのパンフレットをご覧ください。

令和2年4月1日~令和3年3月31日までの取組についてはこちらのパンフレットをご覧ください。

令和3年4月1日以降の取組に係るQ&A

○事業主のみなさまからのよくあるご質問について、Q&Aを掲載しました。

令和3年度 主な改正内容

(令和3年4月1日)

・令和3年4月1日から次のような制度変更を行いました。


(令和3年2月5日)
【正社員化コース】
紹介予定派遣を通じた派遣労働者の正社員化に取り組む派遣先事業主に対するキャリアアップ助成金の助成対象を拡充します 。
具体的には、新型コロナウイルス感染症の影響による離職者(令和2年1月24日以降に離職した者)で就労経験のない職業に就くことを希望する者が紹介予定派遣の後、派遣先の事業所に正社員として直接雇用された場合、直接雇用前に当該事業所に従事していた期間について、本来6か月以上を要するところを2か月以上~6か月未満でも支給対象とします。



ページの先頭へ戻る

助成内容

 

概要

 有期雇用労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者(以下、「有期雇用労働者等」という。)の企業内でのキャリアアップを促進するため、これらの取組を実施した事業主に対して助成をするものです。

 本助成金は次の7つのコースに分けられます。

  • 1 有期雇用労働者等の正規雇用労働者・多様な正社員等へ転換等した場合に助成する「正社員化コース」
  • 2 障害のある有期雇用労働者等を正規雇用労働者等へ転換した場合に助成する「障害者正社員化コース」(※)
  •   (※)障害者正社員化コースについて詳しくはサイト内リンクこちら
  • 3 有期雇用労働者等の賃金規定等を改定した場合に助成する「賃金規定等改定コース」
  • 4 有期雇用労働者等に関して、正規雇用労働者と共通の職務等に応じた賃金規定等を新たに設け、適用した場合に助成する「賃金規定等共通化コース」
  • 5 有期雇用労働者等に関して、正規雇用労働者と共通の諸手当に関する制度を新たに設け、適用した場合、または有期雇用労働者等に対し、労働安全衛生法上義務づけられている健康診断以外の一定の健康診断制度を新たに規定し、適用した場合に助成する「諸手当制度等共通化コース」
  • 6 労使合意に基づく社会保険の適用拡大の措置の導入に伴い、その雇用する有期雇用労働者等について、働き方の意向を適切に把握し、被用者保険の適用と働き方の見直しに反映させるための取組を実施し、当該措置により新たに被保険者とした事業主に対して助成する「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」
  • 7 雇用する有期雇用労働者等について、週所定労働時間を5時間以上延長又は週所定労働時間を1時間以上5時間未満延長するとともに基本給の増額を図り、新たに有期雇用労働者等が社会保険の被保険者に適用した事業主に対して助成する「短時間労働者労働時間延長コース」



助成内容等の詳細は「キャリアアップ助成金パンフレット」をご覧下さい。
このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの受給要件がありますので、詳しくはこちらの「PDF お問い合わせ先」[66KB]までお問い合わせください。
 

ページの先頭へ戻る

支給要領(令和3年4月1日施行)



ページの先頭へ戻る
 

過去の制度変更のお知らせ

・平成28年2月10日から次のような制度変更を行いました。

・平成28年4月から次のような制度変更を行いました。

・平成28年4月1日から次のような制度変更を行いました。

・平成28年8月5日から次のような制度変更を行いました。

・平成28年10月1日から次のような制度変更を行いました。

・平成28年10月19日から次のような制度変更を行いました。

・平成30年4月1日から次のような制度変更を行いました。

・平成31年4月1日から次のような制度変更を行いました。

・令和2年4月1日から次のような制度変更を行いました。

   ※ 選択的適用拡大導入時処遇改善コース及び短時間労働者労働時間延長コースにおける制度変更のPDF 詳細はこちら。[704KB]

・令和3年2月5日から次のような制度変更を行いました。

・令和3年4月1日から次のような制度変更を行いました。



ページの先頭へ戻る
 

 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る


施策に関連のサイト

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 非正規雇用(有期・パート・派遣労働)> 非正規雇用の労働者を雇用する事業主の方へ> キャリアアップ助成金

ページの先頭へ戻る