雇用・労働求職者支援制度のご案内

「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない求職者の方が職業訓練によるスキルアップを通じて早期の就職を目指すための制度です。
 制度を紹介する動画やリーフレットをご用意していますので、まずはこちらをご覧ください。

 

      

 

 

制度の紹介

  • 求職者支援制度とは、雇用保険を受給できない求職者の方(※1)に対し、
    1. 1.無料の職業訓練(求職者支援訓練)を実施し、
    2. 2.本人収入、世帯収入及び資産要件等、一定の支給要件を満たす場合は、職業訓練の受講を容易にするための給付金(職業訓練受講給付金)を支給するとともに、
    3. 3.ハローワークが中心となってきめ細やかな就職支援を実施することにより、安定した「就職」を実現するための制度です。
    4. ※1雇用保険の適用がなかった方、加入期間が足りず雇用保険の給付を受けられなかった方、雇用保険の受給が終了した方、学卒未就職者や自営廃業者の方等
  • 求職者支援訓練の認定基準、給付金の支給要件や支給額等は、審議会での議論及び所要の手続きを経て定められています。

ページの先頭へ戻る

雇用保険を受給できない求職者の方へ

 「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない求職者の方が、職業訓練によるスキルアップを通じて早期就職を実現するために、国が支援する制度です。求職者の方は、無料で職業訓練を受講することができ、一定の要件を満たす場合には、訓練期間中、職業訓練受講給付金の受給ができます。
 

ページの先頭へ戻る

訓練実施機関の皆様へ

 求職者支援訓練を実施するには、認定基準に適合する訓練計画の申請が必要です。認定申請は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の都道府県支部が受け付けます。詳細については、(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構HPを参照の上、お近くの機構支部までお尋ねください。
 また、認定を受けた求職者支援訓練を適切に行い、かつ、一定の支給要件を満たす場合、訓練実施機関に対して奨励金が支給されます。

ページの先頭へ戻る

参考

ページの先頭へ戻る

関連審議会・検討会等

ページの先頭へ戻る