同一労働同一賃金特集ページ

~雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保について~

 

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)との間の不合理な待遇差の解消を目指すものです。

同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間の不合理な待遇差の解消の取組を通じて、どのような雇用形態を選択しても納得が得られる処遇を受けられ、多様な働き方を自由に選択できるようにします。

改正の概要

●パートタイム・有期雇用労働法:大企業2020年4月1日、中小企業2021年4月1日より施行
●労働者派遣法:2020年4月1日より施行
中小企業の範囲については、こちらをご参照ください。
 

同一労働同一賃金ガイドライン

本ガイドラインでは、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間で、待遇差が存在する場合に、いかなる待遇差が不合理なものであり、いかなる待遇差は不合理なものでないのか、原則となる考え方と具体例を示したものです。

同一労働同一賃金ガイドラインについて、詳しくはこちらをご覧ください。


派遣労働者の同一労働同一賃金については、こちらをご覧ください。

トピックス

    • 2021年10月8日 「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル」業界共通編・福祉業界編(2021年9月増刷版)を掲載しました。
    • 2021年4月1日 パートタイム・有期雇用労働法が中小企業にも適用され、全面施行となりました。
    • 2020年5月13日 「パートタイム・有期雇用労働法等対応状況チェックツール」について掲載しました。
    • 2020年5月8日 「WEB上の自主点検ツール」を掲載しました。
    • 2020年4月1日 パートタイム・有期雇用労働法が施行されました(中小企業への適用は2021年4月から)
    • 2019年3月29日 「不合理な待遇差解消のための点検・検討マニュアル」を掲載しました。

同一労働同一賃金の実現に向けて

労働者のみなさまへ

  • パートタイム労働者・有期雇用労働者は、正社員との間の待遇差について、事業主に説明を求めることができます。
  • 「同じ仕事をしているのに正社員と待遇が違う」とお考えの場合は、まずは待遇差の内容やその理由について、事業主に確認してみましょう。
  • また、都道府県労働局雇用環・均等部(室)では、正社員とパートタイム労働者・有期雇用労働者との間の不合理な待遇差に関する相談などに応じています。
  • パータイム・有期雇用労働法に関する職場でのトラブルが生じた場合、解決に向けた援助も行っています。
  • 同じ仕事をしているのに正社員と待遇が違う、待遇差の理由について説明を求めても事業主から説明がないなど、お困りのことがあれば、都道府県労働局雇用環・均等部(室)にご相談ください。
   

     リーフレット「相談窓口のご案内」

事業主への支援

非正規雇用労働者の待遇改善にむけて、以下の支援を行っています。

事業主向け支援ツール

 
  • パートタイム・有期雇用労働法対応のための取組手順書パゆうちゃん
自社の状況が法律に沿っているかを点検する手順を示しています。

  

    入力することで、自社の状況が法律の内容に沿ったものなのかどうか、点検することができます。
 ※点検ツールはWindowsパソコンのExcelで動作します(スマートフォンやタブレットでは動作しません)。
   サポートしているExcelのバージョンは「Excel2010」以降になります。
 ※また、ツールをダウンロードして開く際に表示される次の2つの確認を有効にしてご利用ください。
   「編集を有効にする」、「コンテンツの有効化」

 

  職務評価を用いた基本給の点検・検討マニュアル
・ 職務評価ツール[Excel形式:1.6MB]
・ 職務評価ツール操作手順書[PDF形式:1.9MB]
 職務評価ツールをご利用いただくことで、パートタイム労働者・有期雇用労働者と正社員との間での均等・均衡待遇の状況を確認し、今後の取り組みを検討できます。   

法律・省令・指針等

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(平成30年7月6日公布)

 

「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム・有期雇用労働法)」

 

リーフレット等

参考

関係会議