雇用・労働開発した教育訓練プログラム

IT

人生100年時代においては、これまでの単線型の人生を全員が一斉に送るのではなく、個人が人生を再設計し、一人一人のライフスタイルに応じたキャリア選択を行い、新たなステージで求められる能力・スキルを身に付けることが重要です。また、技術革新が進む中で、生涯を通じた学び直しを行うことが必要となります。


   そこで、労働者の様々なニーズに対応した教育訓練プログラムの開発を促進するため、キャリアアップやキャリアチェンジを目指す労働者を対象とした、技術革新を反映した最新かつ実践的な知識・技術の習得に資する教育訓練プログラムの開発・実証を業界団体、大学、専修学校等に委託する事業を実施しております。
 
プログラムの利用について
厚生労働省が各事業者に委託して開発したプログラムは、全て無料でご利用いただくことができます。ぜひご活用ください。 なお、このプログラムを利用される方は、以下にある 利用規約等を必ずご確認ください。

注) 一部のテキストについては、国以外の第三者が著作権を有している場合があります。これらについては、一定の条件のもと、利用の承諾を受けているものとなり、当該条件はテキストの最後に記載しておりますので、ご使用される場合は利用規約とともにご確認ください。

開発したプログラムの概要

   現在、4コース(訓練時間30時間以上のもの)について掲載しております。16コース(訓練時間120時間以上のもの)については令和3年度中に掲載予定です。
   また、掲載中の4コースについては、「開発した訓練の特徴等」、「受講のメリット」、「実施した時の環境等」、「訓練を実施する上で注意する点」、「受講者等からの声」等をまとめておりますので、こちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る

開発したプログラムのテキスト等

開発したプログラムの一覧及びテキスト等に関しては、こちらで公開しております。

お問い合わせ先

厚生労働省人材開発統括官付参事官(人材開発政策担当)付政策企画室

TEL:03-5253-1111(内線5648)