雇用・労働技能検定・社内検定・職業能力評価基準

このページでは、キャリアアップのためにご自身の能力を確認したい方や、人材育成や中途採用などのために従業員の方の能力を把握したい方などにおすすめの制度を紹介しています。

施策紹介

働く上で身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、機械加工、建築大工やファイナンシャル・プランニングなど全部で130職種の試験があります。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。

仕事をこなすために必要な「知識」と「技術・技能」に加えて、「成果につばがる職務行動例(職務遂行能力)」を、業種・職種・職務別に整理したものです。各企業でカスタマイズして、人材育成等様々な場面で活用できます。

企業や団体が従業員等を対象に行う検定制度(社内検定)のうち一定の基準を満たすものを厚生労働大臣が認定する制度です。認定を受けると、ロゴマークをパンフレットや名刺に使用できます。

ページの先頭へ戻る