水際対策

日本入国時の検疫措置

有効なワクチン接種証明書 入国時の検疫措置
出国前検査証明書 質問票 到着時検査 入国後待機

あり

不要 必要 なし なし
なし 必要

「ファストトラック」を利用することで、入国時の手続を簡略化できます。以下より必ずご利用ください。

  • 有効なワクチン接種証明書又は検査証明書のいずれも提示できない方は、検疫法に基づき、原則として日本への上陸が認められず、また、出発国において航空機への搭乗を拒否されますのでご注意ください。
  • 新型コロナウイルスへの感染が疑われる症状がある方については、入国時検査を実施します。検査結果が陽性の場合は、検疫所長の指示に従い、検疫所長の指定する宿泊療養施設等での療養が必要になります。

必要な書類

ページの先頭へ戻る

よくある質問

ページの先頭へ戻る

海外から入国される方へ注意事項(必ずお読みください)

現在、日本の各空港では、入国者の増加により、到着した時間帯によっては到着空港において検疫等の手続に時間を要しています。
フライト到着後の検疫手続等により、あらかじめ手配していた公共交通機関を利用出来なかった場合に発生する諸費用については入国者ご本人の負担となります。
検疫業務へのご理解をお願いするとともに、夕方以降に到着される方については空港近隣で一泊するなど、余裕を持った計画を心がけていただくようお願いします。

入国後の留意事項について

入国後は感染拡大防止のため以下の事項にご協力をお願いします。

  • 下記の感染拡大防止対策を行ってください。
    • 屋内等において人との距離(目安2m以上)を確保できない状況で会話をする場合はマスクを着用ください。
    • 手指消毒を徹底し、「手洗い」をこまめに行ってください。
    • 「3密(密閉・密集・密接)」を避けるようにしてください。
  • 入国後に陽性や有症状となった場合は、滞在地の都道府県における情報を確認してください。
    マスクの着用について
    マスクの着用について詳細な情報はこちらからご確認いただけます。
    新型コロナウイルスに関する相談・医療の情報や受診・相談センターの連絡先
    各都道府県の相談・医療の情報や受診・相談センターの連絡先はこちらからご確認いただけます。
    内閣官房ウェブサイト
    感染防止に向けた取組について紹介しています。

ページの先頭へ戻る

コールセンター

受付時間:年中無休 / 午前9時から午後9時

※お掛け間違いにご注意ください。

ページの先頭へ戻る

お知らせ  

2022年11月1日 検疫手続きの事前審査「ファストトラック」は2022年11月1日にMySOSからVisit Japan Webへ移行しました。詳細はこちらを御参照ください。
2022年10月11日 2022年10月11日から水際措置が変更になりました。
2022年9月7日 2022年9月7日から水際措置が変更になりました。
2022年7月8日 検疫手続きの事前審査「ファストトラック」がパソコンで行える「MySOS Web」を導入しました。
2022年6月1日 2022年6月1日から水際措置が変更になりました。


これまでの水際措置はこちら

ページの先頭へ戻る

関連ページ

ページの先頭へ戻る