健康・医療エムポックスについて

※令和5年5月26日に「サル痘」から「エムポックス」に感染症法上の名称が変更されました。


エムポックスは、1970年にザイール(現在のコンゴ民主共和国)でヒトでの初めの感染が確認された、オルソポックスウイルス属のエムポックスウイルスによる感染症で、中央アフリカから西アフリカにかけて流行しています。国内では感染症法上の4類感染症に指定されています。

2022年5月以降、従前のエムポックス流行国への海外渡航歴のないエムポックス患者が世界各地で報告されました。その後、世界全体の症例の報告数は減少しましたが、2023年3月以降東アジア、東南アジアなどからの報告が増加しています。

国内では、2022年7月に1例目の患者が確認され、2024年1月時点でも散発的な患者の発生が報告されています。

厚生労働省では、サーベイランス強化のため、自治体や医療機関に対して、各国の状況や、サル痘の症状、感染経路等に関する情報提供を行いつつ、サル痘の疑い例があった場合には必要な報告を行うよう依頼するとともに、感染予防策等について情報発信を行っています。
 

1 エムポックス

エムポックスとは?

1 病原体

ポックスウイルス科オルソポックスウイルス属のエムポックスウイルス
コンゴ盆地型(クレードⅠ)と西アフリカ型(クレードⅡa及びⅡb)の2系統に分類される。
コンゴ盆地型(クレードⅠ)による感染例の死亡率は10%程度であるのに対し、西アフリカ型(クレードⅡa及びⅡb)による感染例の死亡例は1%程度と報告されている。

2 感染経路

アフリカに生息するリスなどの齧歯類をはじめ、サルやウサギなどウイルスを保有する動物との接触によりヒトに感染する。
また、感染した人や動物の皮膚の病変・体液・血液との接触(性的接触を含む。)、患者との接近した対面での飛沫への長時間の曝露(prolonged face-to-face contact)、患者が使用した寝具等との接触等により感染する。
皮疹の痂皮をエアロゾル化することで空気感染させた動物実験の報告があるものの、実際に空気感染を起こした事例は確認されていない。
 

3 国内の発生状況



国内では、2022年7月25日に、国内1例目の患者が報告された。
2023年以降も、患者の発生が続いており、240例(前週比+0名)の症例が確認されている(2024年2月16日更新)。
確認された症例(無症状病原体保有者及び発症日が不明な患者を除く)の、発症日に基づく流行曲線は以下のとおり。
※縦軸は症例数、横軸は疫学週。直近の症例数は今後増加する可能性がある。
 (参考):第5週(令和6年1月29日~2月4日)、第6週(令和6年2月5日~2月11日)


4 世界での発生状況


2022年5月以降の流行では、9万人以上の感染例が報告されている(令和5年10月29日時点)。
WHOによると、現在報告されている患者の大部分は男性であるが、小児や女性の感染も報告されている。
Geographic distribution of confirmed cases of mpox reported to or identified by WHO from official public sources, from 1 January 2022 to 30 September 2023



Epidemic curve shown by month for cases reported up to 30 Sep 2023 to avoid showing incomplete months of data.



5 潜伏期

通常6~13日(最大5~21日)


6 治療と診断

(1)臨床症状:
・発熱、頭痛、リンパ節腫脹などの症状が0-5日程度持続し、発熱1-3日後に発疹が出現。
・リンパ節腫脹は顎下、頸部、鼠径部に見られる。
・皮疹は顔面や四肢に多く出現し、徐々に隆起して水疱、膿疱、痂皮となる。
・多くの場合2-4週間持続し自然軽快するものの、小児例や、あるいは曝露の程度、患者の健康状態、合併症などにより重症化することがある。
・皮膚の二次感染、気管支肺炎、敗血症、脳炎、角膜炎などの合併症を起こすことがある。
・エムポックスでは手掌や足底にも各皮疹が出現することなどが、水痘との鑑別に有用とされる。

 ※2022年5月以降の欧米を中心とした流行では、以下のような、従来の報告とは異なる臨床徴候が指摘されている
 ・発熱やリンパ節腫脹などの前駆症状が見られない場合があること
 ・病変が局所(会陰部、肛門周囲や口腔など)に集中しており、全身性の発疹が見られない場合があること
 ・異なる段階の皮疹が同時に見られる場合があること

(2)診断:
・水疱や膿疱の内容液や蓋、あるいは組織を用いたPCR検査による遺伝子の検出
・その他、ウイルス分離・同定や、ウイルス粒子の証明、蛍光抗体法などの方法が知られている。
 
(3)治療:
・対症療法
・国内で利用可能な薬事承認された治療薬はない。
・欧州においては、特異的治療薬としてテコビリマットが承認されており、我が国においても同薬を用いた特定臨床研究が実施されている。

7 予防法

・天然痘ワクチンによって約85%発症予防効果があるとされている。
・流行地では感受性のある動物や感染者との接触を避けることが大切である。
 

ページの先頭へ戻る

2 自治体、医療機関向けの情報

ページの先頭へ戻る

3 報道機関向けの情報

ページの先頭へ戻る

4 リーフレット

                

※特定の集団や感染者、感染の疑いのある者等に対する差別や偏見は、人権の侵害につながります 。
 

ページの先頭へ戻る

5 Q&A

ページの先頭へ戻る

6 関連情報

ページの先頭へ戻る

7 リンク

ページの先頭へ戻る

関連情報

ページの先頭へ戻る

コンテンツメニュー

ページの先頭へ戻る