福祉・介護障害者の情報・意思疎通支援

1 意思疎通支援

障害や難病のため、意思疎通を図ることに支障がある方に、手話通訳、要約筆記等の方法により、意思疎通を支援する者の派遣等を行います。

意思疎通支援

ページの先頭へ戻る

2 視覚障害者等の読書環境の整備の推進

障害の有無に関わらず、読書を通じて文字・活字文化の恵沢を享受することができる社会の実現に向けて、視覚障害者等の読書環境の整備(読書バリアフリー)を推進していきます。

視覚障害者の読書環境の整備(読書バリアフリー)について

ページの先頭へ戻る

3 電話リレーサービス

電話リレーサービスとは、手話通訳者や要約筆記者などがオペレータとして聴覚や発話に障害のある方による手話・文字を通訳し、電話をかけることにより、聴覚や発話に障害のある方と耳の聴こえる方の意思疎通を仲介するサービスです。
「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」(令和2年法律第53号)が令和2年6月に成立、同年12月1日に施行したことにより、現在、総務省を中心に令和3年度中に公共インフラとしての開始を目指して準備を進めています。
厚生労働省もオペレータとなり得る通訳者の養成等を通じて、円滑な実施のため協力してまいります。

(総務省HP)
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/telephonerelay/index.html

ページの先頭へ戻る

問い合わせ

厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課自立支援振興室情報・意思疎通支援係

電話番号
03-5253-1111(内線3076)
FAX
03-3503-1237