健康・医療新型コロナウイルス感染症医療機関等情報支援システム(G-MIS):Gathering Medical Information System on COVID-19

○厚生労働省では、内閣官房IT室と連携して情報通信基盤センター(仮称)を構築し、全国の医療機関(20病床以上を有する病院約8,000カ所)から、病院の稼働状況病床や医療スタッフの状況、医療機器(人工呼吸器等)や医療資材(マスクや防護服等)の確保状況等を一元的に把握することにより、病院の稼働状況を広くお知らせするほか、マスク等の物資の供給や患者搬送の調整に活用するなど必要な医療提供体制の確保に役立てています。

○全国医療機関の医療提供体制の状況を公開しました(β版)(2020年4月8日)

政府CIOポータル:内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室作成
 
厚生労働省は、内閣官房と連携し、全国の入院病床を有する病院(20床以上)の医療提供状況を毎日確認しています。このページの情報は、各病院の外来・入院・救急等の各機能について、現状をまとめ、公開するものです。
  現状、新型コロナウイルス感染症の院内感染を防ぐ目的で、風邪などの症状での新規の外来受入れなどを制限している病院がみられます。「一部制約あり」や「停止」の標記は、院内で新型コロナウイルスの感染が確認されたことを意味するものではありませんので、ご注意ください。
 
○事務連絡等
・令和2年3月26日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の状況把握について(協力依頼)別ウィンドウで開く別紙別ウィンドウで開く)(記入要綱別ウィンドウで開く)(参考:別添 医療機関向け説明資料別ウィンドウで開く

・令和2年4月9日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の状況把握について(依頼)
別添1)(別添2)(別添3
 
・令和2年4月22日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等について調査項目一部変更のお知らせ(依頼)別添1)(別添2)(別添3
 
・令和2年4月24日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等について調査項目一部変更のお知らせ(その2)
 
・令和2年5月4日
新型コロナ感染症対策における重症患者に対するレムデシビルの必要量等の把握について(依頼)
 
・令和2年5月7日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握について調査項目一部変更のお知らせ(その3)
レムデシビル製剤の使用に当たっての留意事項について
新型コロナウイルス感染症におけるレムデシビル製剤の各医療機関への配分について(依頼)
 
・令和2年5月11日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等について調査項目一部変更のお知らせ(その4)
 
・令和2年5月15日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等について調査項目一部変更のお知らせ (その5)別ウィンドウで開く[123KB](別添1別ウィンドウで開く)[380KB](別添2)[544KB]

・令和2年6月4日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等について調査項目一部変更のお知らせ (その 6)別添1)(別添2)(別添3

・令和2年6月19日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等に関する閲覧者の拡大について(依頼)別添1

・令和2年6月25日
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等について調査項目一部変更のお知らせ(その7)別添1)(別添2)(別添3

・令和2年6月26日(7月2日修正)
2020年4月~5月における 新型コロナウイルスの流行の医療提供体制への影響分析
新型コロナウイルス感染症対策に係る病院の医療提供状況等の把握等について調査項目一部変更のお知らせ(その8)別添1

ページの先頭へ戻る