薬剤耐性(AMR)対策について

抗菌薬の不適切な使用を背景として、薬剤耐性菌が世界的に増加する一方、新たな抗菌薬の開発は減少傾向にあり、国際社会でも大きな課題となっています。
2015年5月の世界保健総会では、薬剤耐性(AMR)に関するグローバル・アクション・プランが採択され、加盟各国は2年以内に薬剤耐性に関する国家行動計画を策定することを求められました。
これを受け、厚生労働省において、薬剤耐性対策に関する包括的な取組について議論するとともに、「国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議」のもとに、「薬剤耐性に関する検討調整会議」を設置、関係省庁とも議論及び調整を行い、2016年4月5日、同関係閣僚会議において、我が国として初めてのアクションプランが決定されました。
今後、「適切な薬剤」を 「必要な場合に限り」、 「適切な量と期間」使用することを徹底するための国民運動を展開するなど、 本アクションプランに基づき関係省庁と連携し、 効果的な対策を推進していきます。
*AMR (Antimicrobial resistance)

薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン

手引き

手引き ダイジェスト版

啓発動画

薬剤耐性(AMR)ワンヘルス動向調査

通知・事務連絡など

関連イベント

薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動

One Healthの取り組み

リンク

関連情報

お問い合わせ先

制度について

雇用環境・均等局雇用機会均等課

母性健康管理係

TEL:03-5253-1111(内線7843)

制度または個別事案の相談について

都道府県労働局雇用環境・均等部(室)