雇用・労働高年齢労働者処遇改善促進助成金

重要なお知らせ

●高年齢労働者処遇改善促進助成金を新設しました(令和3年4月1日)  
 60歳から64歳までの高年齢労働者の処遇改善に向けて就業規則等の定めるところにより高年齢労働者に適用される賃金規定等の増額改定に取り組む事業主が本助成金の対象となります。
詳しくはリーフレットをご参照ください。リーフレット【PDF:203KB】

ページの先頭へ戻る

助成内容

概要
 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保を推進する観点から、60歳から64歳までの高年齢労働者の処遇の改善に向けて就業規則等の定めるところにより高年齢労働者に適用される賃金規定等の増額改定に取り組む事業主に対して助成されます。

主な支給要件
 本助成金を受給するためには、次の要件のいずれも満たすことが必要です。
 
  •  1.賃金規定等改定の措置に基づき増額された賃金が支払われた日の属する月前6か月間に算
  •   定対象労働者が受給した増額改定前の賃金の額で算定した高年齢労働者雇用継続基本給付金
  •   の総額と賃金規定等を増額改定後、各支給対象期において当該算定対象労働者が受給した増
  •   額改定後の賃金の額で算定した高年齢雇用継続基本給付金の総額を算出し全体の減少率が95
  •   %以上となっていること。
  •  2.就業規則等の定めるところにより、賃金規定等を増額改定し、増額改定後の賃金規定等を
      6か月以上運用している事業主であること。
  •  3.増額改定前の賃金規定等を6か月以上運用していた事業主であること(新たに賃金規定等
  •   を整備する場合は、賃金規定等改定の措置に基づき増額された賃金が支払われた日の属す
  •   る月前6か月間の算定対象労働者の賃金の支払状況が確認できる事業主であること。)。
  •  4.支給申請日において増額改定後の賃金規定等を継続して運用している事業主であること。
  
 このほかにも、雇用関係助成金共通の要件などいくつかの支給要件がありますので、
詳しくは「お問い合わせ先」まで確認ください。 

支給額  
  事業所に雇用される労働者に係る、賃金規定等改定前後を比較した高年齢雇用継続基本給付金
 の減少額に以下の助成率を乗じた額を支給します。
 ※助成率は、増額改定した賃金規定等を適用した年度の助成率が適用されます。  
 
  1.令和3年度又は令和4年度     
    4/5 (中小企業以外 2/3)   

  2.令和5年度又は令和6年度     
    2/3 (中小企業以外 1/2)  

ページの先頭へ戻る

詳細情報

ページの先頭へ戻る

お問い合わせと申請手続き

ページの先頭へ戻る