雇用・労働ジョブ・カード制度

施策紹介

ジョブ・カード制度とは

個人のキャリアアップや、多様な人材の円滑な就職等を促進することを目的として、ジョブ・カードを「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」のツールとして、キャリアコンサルティング等の個人への相談支援のもと、求職活動、職業能力開発などの各場面において活用する制度です。
詳しくは「ジョブ・カード制度総合サイト」をご覧ください。

ジョブ・カード制度総合サイト

キャリア形成サポートセンター(旧ジョブ・カードセンター)

令和2年4月1日からジョブ・カードセンターは、キャリア形成サポートセンターに移行しました。
キャリア形成サポートセンターでは、企業及び労働者に対しジョブ・カードを活用して様々なキャリア形成支援を行います。こうした従業員の自律的なキャリア形成を支援するとともに、企業の組織活性化や生産性向上につなげていきます。
具体的には、全国規模(全国37カ所を予定)で拠点を設置し以下の取組を実施します。
 ・ ジョブ・カードを活用した採用活動や従業員の人材育成等を実施する企業等への支援
 ・ ジョブ・カードを活用した雇用型訓練の実施企業への支援
 ・ セルフ・キャリアドック導入支援(相談支援・技術的支援、セミナー・研修等)
 ・ 労働者に対する専門的なキャリアコンサルティング機会の提供

詳しくはこちらから

キャリア形成サポートセンターホームページ 

ジョブ・カードくん他商標マークについて

ジョブ・カード制度をさらに普及させていくため、「ジョブ・カードくん」等3種類のマーク(計15種類)を商標登録しました!
これらのマークを活用すると、キャリアコンサルティング、キャリア教育、人材採用、職業能力評価、職業能力証明などのキャリア形成支援を行っていることが対外的にPRできるため、社会的信用の向上につながります。
詳しくはこちら(ジョブ・カード制度総合サイト)

施策関連情報

関連施策

雇用型訓練とは、雇用した従業員を対象とした、企業内での実習(OJT)と、教育訓練機関等での座学等(Off-JT)を組み合わせた実践的訓練です。
雇い入れ時の応募書類、訓練成果の評価シートとして、ジョブ・カードを活用しています。

ジョブ・カードを活用したキャリア・コンサルティングに関するお問い合わせ先

ハローワーク

 

キャリア形成サポートセンター

ページの先頭へ戻る