雇用・労働ジョブ・カード制度

トピックス

ページの先頭へ戻る

ジョブ・カード制度とは

個人のキャリアアップや、多様な人材の円滑な就職等を促進することを目的として、ジョブ・カードを「生涯を通じたキャリア・プランニング」及び「職業能力証明」のツールとして、キャリアコンサルティング等の個人への相談支援のもと、求職活動、職業能力開発などの各場面において活用する制度です。
詳しくはこちらから

ジョブ・カード制度総合サイト

個人の皆様へ

ジョブ・カードは、求職者、在職者、学生など幅広い方の求職活動やキャリア形成に役立てることができます。

求職中の方
これまでのキャリアを振り返り、経験から得たことや、活かせる能力・強みなどを整理することで、今後どのようなキャリアを歩みたいかを考えるためのツールです。ジョブ・カードを作成することにより、目標が明確になり、履歴書や職務経歴書もより充実したものとなります。

在職中の方
これまでのキャリアを振り返り、経験から得たことや、活かせる能力・強みなどを整理することで、今後どのようなキャリアを歩みたいかを考えるためのツールです。社内でのキャリア形成やキャリア選択の場面でジョブ・カードの作成が役に立ちます。

学生の方
自分自身のことを理解して、将来どのようなキャリア(職業人生)を目指したいのか、そのためにどうすれば良いのかを考えるためのツールです。それらが明確になると、就職活動で自分の言葉でしっかりと自己アピールできるようになります。就職活動の際の応募書類に活用することも可能です。

ページの先頭へ戻る

企業・学校関係者の皆様へ

企業関係者の皆様へ
「新入社員の主体性・積極性を高め、定着を促進したい」、「中堅社員のモチベーションを高めたい」、「育児・介護休職をした社員の復職支援をしたい」など社内のキャリア形成に課題はありませんか。ジョブ・カードは、人材育成や人事評価にも役立ちます。

学校関係者の皆様へ
学生のキャリア教育や就職活動の指導に悩んでいる学校はありませんか。長い職業生活のその起点となる効果的なキャリア教育の機会が求められる中、学生が自分自身を理解し、将来を考える場面でジョブ・カードが役立ちます。

ページの先頭へ戻る

キャリア形成サポートセンターについて

※令和2年4月1日からジョブ・カードセンターは、キャリア形成サポートセンターに移行しました。

キャリア形成サポートセンターでは、個人(在職者)及び企業(学校)関係者を対象に、ジョブ・カードを活用して様々なキャリア形成支援を行っています。
これにより、個人(在職者)の自律的なキャリア形成を支援するとともに、企業の組織活性化や生産性向上などにつなげていきます。

具体的には、全国規模で拠点を設置し、以下の取組を実施しています。

・個人(在職者)に対する専門的なキャリアコンサルティング機会の提供
・ジョブ・カードを活用した採用活動や従業員の人材育成等を実施する企業等への支援
・ジョブ・カードを活用した雇用型訓練の実施企業への支援
・セルフ・キャリアドック導入支援(相談支援・技術的支援、セミナー・研修等)

詳しくはこちらから

キャリア形成サポートセンターバナー画像

ページの先頭へ戻る

様式及びパンフレット等

ジョブ・カード制度総合サイト」より、以下の様式及びパンフレット等がダウンロード可能です。
(このほかにもご用意しています。詳細はジョブ・カード制度総合サイトをご参照ください。)

ジョブ・カード様式及び記入例
ジョブ・カード活用ガイド(汎用版/キャリアを重ねた方向け)

ジョブ・カード作成マニュアル(学校用)
ジョブ・カード作成マニュアル(企業用)

ページの先頭へ戻る

ジョブ・カードのデジタル化に関する取組について

厚生労働省では、求職者、在職者及び学生の方を対象に、ジョブ・カードをオンライン上で登録・更新できる新サービス(「ジョブ・カード作成支援サイト」(仮称))について、令和4年度の開始に向けた準備を行っています。
新サービスの提供を通して、労働者等の長期にわたるキャリア形成をより一層サポートしていきます。

さらに、サイト開設後には、ジョブ・カードのサービス向上のため、利用者が希望する場合に、新サービスの登録情報と民間の就職・転職サイトなどの登録情報を相互で活用可能とする取り組みを進める計画です。
この計画に向けて、民間の就職・転職サイトなどが連携しやすいように、今後、新サービスのデータ定義などの情報を、厚生労働省ホームページなどを通じて順次公開していく予定としています。

新サービスの開始に向けた取り組みや将来的な方針については、「WEBサイト基本方針書」をご参照ください。

ページの先頭へ戻る

ジョブ・カードくん他商標マークについて

ジョブ・カード制度をさらに普及させていくため、「ジョブ・カードくん」等3種類のマーク(計15種類)を商標登録しました!
これらのマークを活用すると、キャリアコンサルティング、キャリア教育、人材採用、職業能力評価、職業能力証明などのキャリア形成支援を行っていることが対外的にPRできるため、社会的信用の向上につながります。
詳しくはこちらから


ジョブ・カードくん他商標画像サンプル1ジョブ・カードくん他商標画像サンプル2ジョブ・カードくん他商標画像サンプル3

ページの先頭へ戻る

ジョブ・カード講習について

ジョブ・カード講習は、ジョブ・カード制度創設当時、ジョブ・カードの交付を担うべきキャリアコンサルタント有資格者数が十分でなかったことから、 必要最低限の質を保ちつつ、その量的不足を補うために、ジョブ・カード作成アドバイザー(旧登録キャリア・コンサルタント)を養成するための講習として開始しました。 平成28年度のキャリアコンサルタント国家資格化以降、キャリアコンサルタント登録者が順調に増加してきており、ジョブ・カード作成支援のための体制整備が図られたことから、 平成31年3月31日をもってジョブ・カード講習を終了することとしました。

以下のページでは、平成30年度に実施したジョブ・カード講習のテキストのダウンロード、講義動画の視聴、登録情報変更、アドバイザー証の再発行手続き等ができます。

詳細はこちらから

ページの先頭へ戻る

検討会等

ページの先頭へ戻る

関連する施策

以下のような制度でジョブ・カードが活用されています。
詳細は各リンク先をご参照ください。

雇用型訓練
雇用型訓練とは、雇用した従業員を対象とした、企業内での実習(OJT)と、教育訓練機関等での座学等(Off-JT)を組み合わせた実践的訓練です。雇い入れ時の応募書類、訓練成果の評価シートとして、ジョブ・カードを活用しています。

職業能力評価基準
ジョブ・カードを利用して職業訓練(雇用型訓練)に取り組む企業が活用できる、モデル評価シート及びモデルカリキュラムを紹介しています。

公共職業訓練(ハロートレーニング)
訓練受講前や訓練期間中のキャリアコンサルティングにジョブ・カードが活用されています。

教育訓練給付制度
専門実践教育訓練及び特定一般教育訓練の受講にあたって、ジョブ・カードが活用されています。

ページの先頭へ戻る

問い合わせ

人材開発統括官 キャリア形成支援室 ジョブ・カード担当(内線5959、5378)