健康・医療遺伝子組換え食品

遺伝子組換え食品とは

厚生労働省は、平成13年4月から遺伝子組換え食品の安全性審査を食品衛生法上の義務としています。
遺伝子組換え食品とは何か、人の健康への影響はないのか、厚生労働省ではどのようにして安全性の確認をしているのかなど、様々な疑問にお答えします。

新しいバイオテクノロジーで作られた食品について
(パンフレット:令和2年3月作成)

内容例

  1. 1.はじめに
  2. 2.DNAとゲノムと遺伝子
  3. 3.育種過程での遺伝子の変化
  4. 4.ゲノム編集技術
  5. 5.ゲノム編集食品
  6. 6.遺伝子組換え技術
  7. 7.遺伝子組換え食品
  8. 8.さまざまな育種技術
  9. 9.育種技術とDNA配列の変化
  10. 10.安全性確保の手続き
  11. 11.安全性のチェックポイント
  12. 12.Q&A

遺伝子組換え食品Q&A
(平成23年6月1日改訂第9版)

内容例

  1. E-3.遺伝子組換え食品がアレルギーを引き起こすかどうかについては、どのような確認がされているのですか。
  2. F-1.遺伝子組換え食品に対してどのような懸念がありますか。
  3. F-2.これまでに遺伝子組換え食品を食べて健康に悪影響を及ぼした例はありますか。

など。

詳しくはこちらから(目次へ)[PDF形式:719KB]

遺伝子組換え食品の安全性に関する審査

遺伝子組換え食品の安全性に関する審査

遺伝子組換え食品及び添加物の安全性に関する審査状況

組換えDNA技術応用食品の検査方法

組換えDNA技術応用食品の検査方法

薬事・食品衛生分科会

報道発表資料

報道発表資料

関連ホームページへのリンク

(1) 国内行政機関サイト

(2) 国際機関

(3) アメリカ合衆国

(4) EU

お問い合わせ先

厚生労働省 医薬・生活衛生局
食品基準審査課 新開発食品保健対策室

電話
03-5253-1111(内線 4270 4284 )
FAX
03-3501-4868

食品の表示について

消費者庁 食品表示企画課

電話
03-3507-8800
FAX
03-3507-9292