風しんの追加的対策について

風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関

都道府県名をクリックするとそのエリアでクーポン券を利用して抗体検査・予防接種を受けることができる医療機関が表示されます。
なお、医療機関によって、抗体検査を実施する曜日や時間帯が決まっている場合があったり、対象となる方に制限があったりする場合があり得ますので、受診前に電話等で確認することをお勧めします。また、実施医療機関については、随時更新しておりますが、反映に時間を要することもございます。

<PDFファイルは郵便番号順に並んでおります>
 

~風しんの追加的対策~

風しん抗体検査・予防接種の実施自治体一覧

2022年3月31日までの間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(対象世代の男性)が風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されました。
      

【目標】(1)2020年7月までに、対象世代の男性の抗体保有率を85%に引き上げる
    (2)2021年度末までに、対象世代の男性の抗体保有率を90%に引き上げる

【追加的対策のポイント】
  1.  特に抗体保有率が低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、
  2. 1. 予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間、全国で原則無料で定期接種を実施
  3. 2. ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査を受けていただくこととし、補正予算等により、全国で原則無料で実施
  4. 3. 事業所健診の機会に抗体検査を受けられるようにすることや、夜間・休日の抗体検査・予防接種の実施に向け、体制を整備

報道発表等

ページの先頭へ戻る

追加的対策

追加的対策の概要

関係法令等

自治体向け情報

風しんの日

普及啓発資料

リンク

ページの先頭へ戻る