健康・医療風しんの追加的対策について

                      



<政府インターネットテレビ「聞いてナッ得!受けるのは今!クーポン券の利用で防ごう風しん」>
動画は、コチラをご覧ください。



<政府インターネットテレビ「昭和37年~53年度生まれの男性へ 風しんの抗体検査・予防接種を!」>
動画は、コチラをご覧ください。

 

受けるのは今!
クーポン券を配布中!

昭和37年度~昭和53年度生まれの男性の皆様へ
あなたと、これから生まれてくる世代の子どもを守るために風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう!

風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。

 昭和37年度~昭和53年度生まれの男性の皆様に、お住まいの自治体から、原則無料で風しんの抗体検査と予防接種を受けていただけるクーポン券をお送りしています。

 この年代の男性の皆様には、過去に公的に予防接種が行われていないため、自分が風しんにかかり、家族や周囲の人たちに広げてしまうおそれがあります。

 この年代の男性の皆様がこれから抗体検査を受け、必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなると言われています。
 あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種をお受けください!
 

クーポン券が届いた方へ

厚生労働省では、風しんワクチンの定期接種の機会がなかった昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性を対象として、風しんの抗体検査と予防接種を原則無料で実施しています。

お住まいの市区町村から送られたクーポン券を使って、2024年度まで、風抗体検査と予防接種を原則無料で受けることができます。まだ受けていない方は、ぜひこの機会に抗体検査を受けましょう。

※クーポン券が届いていない方やクーポン券をなくされた方は、お住いの市区町村にお問い合わせください。
 

STEP1:市区町村からクーポン券が届く           

1.風しんワクチンの定期接種の機会がなかった昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性を対象として、
  市区町村からクーポン券を送付します。

2.お住まいの市区町村よりクーポン券が届きましたら、開封して中身をご確認ください。
 

STEP2:風しんの抗体検査を受ける(無料)

検査は、健康診断等か、お近くの医療機関で、採血して行います。結果が分かるまでに数日かかる場合があります。
  • 1) 健康診断の機会に受ける
  • 勤め先の健康診断の際に、抗体検査を受けられる場合があります。(詳しくは勤め先の担当者へ)
  • 人間ドックの際にも抗体検査を受けられる場合があります。(詳しくは受診する医療機関へ)
  • 検査の際に、クーポン券をご持参ください。
  •  
  • (2) お近くの医療機関で受ける場合
  • 全国の4万か所以上の医療機関(診療所など)で、検査を受けることができます。クーポン券は全国どこでも(住所のある市区町村以外でも)使用できます。
  • クーポン券を使用できる医療機関のリストはこちら
  • (検査を受けられる曜日など、受診する医療機関へご確認ください。)
  • 検査の際に、クーポン券とお住まいの住所が確認できる書類をお持ちください。
  • ※住民票の住所が変わった方は、転居後の市区町村からクーポン券を再発行してもらいお持ちください。
 

STEP3: 検査の結果を聞き、免疫がない場合は風しんの予防接種を受ける

  • 検査結果は、検査を受けたところで確認してください。
  • (健康診断の結果とともに通知される、検査を受けた医療機関に問い合わせる など)
  • 風しんへの免疫がなかった方(十分な量の抗体がなかった方)は、予防接種を受けてください。検査の結果、十分な抗体があった方、予防接種は不要です。
  • ・全国4万か所以上の医療機関(診療所など)で、予防接種を受けることができます。クーポン券は、全国どこでも(住所のある市区町村以外でも)使用できます。
  • クーポン券を使用できる医療機関のリストはこちら
  • (接種を受けられる曜日、ワクチンを予約する必要があるかなど、受診する医療機関へご確認ください。)
  • ・予防接種を受ける際に、クーポン券と本人確認書類をお持ちください。

ページの先頭へ戻る

風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関

都道府県名をクリックするとそのエリアでクーポン券を利用して抗体検査・予防接種を受けることができる医療機関が表示されます。

なお、医療機関によって、抗体検査を実施する曜日や時間帯が決まっている場合があったり、対象となる方に制限があったりする場合があり得ますので、受診前に電話等で確認することをお勧めします。また、実施医療機関については、随時更新しておりますが、反映に時間を要することもございます。

 

医療機関のリストから探す(2022年11月28日時点)

<PDFファイルは郵便番号順に並んでおります>


イムノクロマト法迅速キット(※)による抗体検査を受けることができる医療機関は、「風しんイムノクロマト法迅速キットの活用に関する研究」webサイト(https://en.surece.co.jp/fusin/login.php)内、「協力医療機関一覧」をご覧ください。(※:従来の検査方法よりも短時間で結果が判明し、抗体検査と同じ日にワクチン接種を行うことが可能な検査方法です。)
 

~風しんの追加的対策~

風しん抗体検査・予防接種の実施自治体一覧

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性(対象世代の男性)が風しんに係る定期の予防接種の対象者として追加されました。
      

【目標】①2022年12月までに、対象世代の男性の抗体保有率を85%に引き上げる
      ②2024年度末までに、対象世代の男性の抗体保有率を90%に引き上げる


【追加的対策のポイント】
  1.  特に抗体保有率が低い、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性に対し、
  2. 1. 予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間、全国で原則無料で定期接種を実施
  3. 2. ワクチンの効率的な活用のため、まずは抗体検査を受けていただくこととし、補正予算等により、全国で原則無料で実施
  4. 3. 事業所健診の機会に抗体検査を受けられるようにすることや、夜間・休日の抗体検査・予防接種の実施に向け、体制を整備


報道発表等

ページの先頭へ戻る

追加的対策

追加的対策の概要

関係法令等

リンク

ページの先頭へ戻る

風しんイムノクロマト法迅速キットの活用に関する研究

■研究について



 令和4年度において、「風しんの追加的対策」の対象者(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性。以下「対象者」とする。)の利便性を高め、抗体検査及び第5期定期接種の実施率を向上することを目的として、健診等で医療機関を受診する対象者を対象として、風しんイムノクロマト法迅速キット(以下「迅速キット」とする。)を用いて、風しん抗体検査から第5期風しん定期接種まで単回受診で完結する仕組みの運用の妥当性について検証するための研究が行われます。 研究にご協力いただく医療機関の具体的な対応としては、迅速キットによる抗体検査及びワクチン接種、風しんIgM抗体陽性の場合はペア血清による風しんIgG抗体定量検査、その他風しんIgM抗体陽性の機序の解明のため、受検者の同意を得た上で、残血清の研究班への提供、研究班への結果報告等となります。

 研究への参加は任意ですが、令和4年3月時点における本対策の風しん抗体検査の全国実施割合は、約25%にとどまっており、国際的な人の往来の再開による海外からの風しんウイルスの持ち込み等により、対象世代を中心に風しんの全国流行が起こる可能性が懸念されるところ、多くの医療機関に研究にご協力いただきたく、何卒お願い申し上げます。


■研究班webサイト



詳細、参加申込については、研究班webサイトでご確認ください。
https://en.surece.co.jp/fusin/login.php

ページの先頭へ戻る