ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 人材開発> 技能検定・社内検定・職業能力評価基準> 技能検定制度について> その他

その他

その他

等級

試験の難易度によって1級、2級、3級に分かれます。また、職種によっては難易度を分けないで行う単一等級もあります。さらに、職種によっては管理・監督者向けの特級があります。

受検資格

受検する職種での仕事の経験年数(実務経験年数)によって受検できる等級が異なります。
  ○特級・・・・・1級合格後5年以上
  ○1級・・・・・7年以上
  ○2級・・・・・2年以上
  ○3級・・・・・検定職種に関し実務の経験を有する者
  ○単一等級・・・3年以上

合否ライン

都道府県職業能力開発協会が実施する職種については、100点を満点として、原則として実技試験は60点以上、学科試験は65点以上です。
民間の試験機関が実施する職種については、試験機関ごとに合否基準が決まっております。
 


 合格証書を滅失したり、損傷したり、また、氏名を変更したりしたときは、合格証書の再交付を受けることができます。合格証書を交付した都道府県、民間の試験機関へお問い合わせください。
 また、合格証書に関し、英文証明書の交付を希望する場合は、合格証書を交付した都道府県、民間の試験機関へお問い合わせください。
 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 人材開発> 技能検定・社内検定・職業能力評価基準> 技能検定制度について> その他

ページの先頭へ戻る