ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 人材開発> 技能検定・社内検定・職業能力評価基準> 技能検定制度について> 受検の手続き

受検の手続き

受検の手続き

申請方法

 

都道府県職業能力開発協会が実施する職種と指定試験機関が実施する職種では、受検申請方法が異なりますので、以下をご参照ください。
※ 受検申請に当たっては、本人確認書類の提出が必要です。 [95.7KB]

 

●都道府県職業能力開発協会が実施する職種については、お近くの都道府県職業能力開発協会から受検申請書をお取り寄せください。

●民間の試験機関が実施する職種については、試験機関ごとに申請方法が決まっております。

受検手数料

 

 

 

技能検定試験の受検手数料は、以下のとおりです。


日本でものづくり分野に従事する若者の確保・育成を目的として、 35 歳未満の方が技能検定を受検する際に、実技試験の受検手数料が最大 9,000 円減額されます。対象は、受検案内等に示されるものづくり分野の職種で、2級又は3級の実技試験です。

なお、従来から、都道府県によっては、3級の在校生を対象として、実技試験の受検手数料を減額していることがあり、2つの減額を合わせて受けられます。詳しくは、都道府県の受検案内をご覧ください。


●都道府県職業能力開発協会が実施する職種

  • 学科試験受検手数料:3,100円
  • 実技試験受検手数料:17,900円

※上記の標準額を目安に都道府県によって異なる場合があります。詳しくは都道府県または都道府県の職業能力開発協会へお問い合わせください。

 

 

●民間の試験機関が実施する職種
職種、等級ごとに試験機関が定めています。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 人材開発> 技能検定・社内検定・職業能力評価基準> 技能検定制度について> 受検の手続き

ページの先頭へ戻る