ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医薬品・医療機器> 薬物乱用防止に関する情報> 大麻栽培者数の推移

大麻栽培者数の推移

■ 昔 から、大麻草の繊維は、衣類や漁具、神社のしめ縄等に利用されてきましたが、化学繊維の台頭による需要の減少や栽培者の高齢化により、大麻栽培は衰退していきました。
■ 大麻取締法が施行された昭和
23 年以降、大麻栽培者免許者数が最も多かったのは昭和 29 年の約3万7千人で、現在はその 約 1,000 分の1 以下の 37 人 (平成 28 年末)です。
     また、栽培面積は 約8
ha (平成 28 年末)で、昭和 23 年以降で最も多かった 約5千 ha (昭和 27 年)の約5 00 分の1 となっています。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 健康・医療> 医薬品・医療機器> 薬物乱用防止に関する情報> 大麻栽培者数の推移

ページの先頭へ戻る