健康・医療重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、主にウイルスを保有しているマダニに刺されることにより感染するダニ媒介感染症です。
感染症法では四類感染症に位置付けられています。

<フタトゲチマダニ><タカサゴキララマダニ>

(国立感染症研究所昆虫医科学部提供)

1.重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

1 病原体

ブニヤウイルス科フレボウイルス属の重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome : SFTS)ウイルス
 

2 感染経路

主にSFTSウイルスを保有するマダニに刺咬されることで感染する。
 

3 潜伏期

6~14日
 

4 診断と治療

臨床症状:

発熱、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)を主張とし、ときに、腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などを伴う。
血液所見では、血小板減少(10万/㎣未満)、白血球減少(4000/㎣未満)、血清酵素(AST、ALT、LDH)の上昇が認められる。致死率は10~30%程度である。

(2)診断:血液、血清、咽頭拭い液、尿から病原体や病原体遺伝子の検出、血清から抗体の検出

(3)治療:対症療法
 

5 予防

草の茂ったマダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボンを着用し、サンダルのような肌を露出するようなものは履かないことなど、マダニに刺されない予防措置を講じる

ページの先頭へ戻る

2.Q&A

ページの先頭へ戻る

3.自治体向けの情報

2024年6月24日掲載 ファビピラビル製剤の使用に当たっての留意事項について[121KB]
2024年3月19日掲載 【事務連絡】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの患者から医療従事者への感染事例について[218KB]別添1[227KB])(別添2[6.4MB]
2021年3月8日掲載 【事務連絡】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での発生状況について(情報提供)[134KB]別添[312KB]
2019年3月13日掲載 【事務連絡】獣医療関係者における動物由来感染症の予防を目的とした啓発資料の作成について(情報提供)[89KB]
2018年4月12日掲載 【通知】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の相談体制について[637KB]
2017年7月24日掲載 【通知】重症熱性血小板減少症候群(SFTS) に係る注意喚起について[478KB]
2014年2月25日掲載 【事務連絡】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第二報)について(情報提供)
2013年8月29日掲載 【事務連絡】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの国内分布調査結果(第一報)について(情報提供)
2013年2月26日掲載 【事務連絡】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での確認状況について(情報提供)(その3)
2013年2月22日掲載 【通知】感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等の一部改正について[456KB]
2013年2月22日掲載 【通知】感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行令の一部を改正する政令等の施行について(施行通知)[175KB]
2013年2月19日掲載 【事務連絡】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での確認状況について(情報提供)(その2)
2013年2月13日掲載 【事務連絡】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での確認状況について(情報提供)
2013年1月30日掲載 【通知】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での発生について(情報提供及び協力依頼)

ページの先頭へ戻る

4.報道発表資料の一覧

ページの先頭へ戻る

5.関連情報

ページの先頭へ戻る