【照会先】

厚生労働省
健康局 結核感染症課
感染症情報管理室長 梅田 浩史
         班長 川越 匡洋
       係長 山田 大悟
(代表電話) 03(5253)1111

報道関係者各位

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年9月20日版)

令和3年9月20日現在の新型コロナウイルス感染症に関する状況及び厚生労働省の対応についてお知らせします。

国内での新型コロナウイルス感染症の感染者は1,676,711例、死亡者は17,204名となりました。
また、入院治療等を要する者は70,764名、退院又は療養解除となった者は1,586,196名となりました。

1.国内の状況について
令和3年9月20日0:00現在、検査陽性者1,676,711例が確認されている。
・検査陽性者(国内事例1,672,594例、チャーター便帰国者事例15例、空港・海港検疫4,102例)

(括弧内は前日比)
※1:チャーター便を除く国内事例については、令和2年5月8日公表分から(退院者及び死亡者については令和2年4月21日公表分から)、データソースを従来の厚生労働省が把握した個票を積み上げたものから、各自治体がウェブサイトで公表している数等を積み上げたものに変更した。
※2:新規陽性者数は、各自治体がプレスリリースしている個別の事例数(再陽性例を含む)を積み上げて算出したものであり、前日の総数からの増減とは異なる場合がある。
※3:一部自治体については件数を計上しているため、実際の人数より過大となっている。件数ベースでウェブ掲載している自治体については、前日比の算出にあたって件数ベースの差分としている。前日の検査実施人数が確認できない場合については最終公表時点の数値との差分を計上している。
※4:PCR検査陽性者数から入院治療等を要する者の数、退院又は療養解除となった者の数、死亡者の数を減じて厚生労働省において算出したもの。なお、療養解除後に再入院した者を陽性者数として改めて計上していない県があるため、合計は一致しない。
※5:国内事例には、空港・海港検疫にて陽性が確認された事例を国内事例としても公表している自治体の当該事例数は含まれていない。
※6:一部の都道府県における重症者数については、都府県独自の基準に則って発表された数値を用いて計算しており、集中治療室(ICU)等での管理が必要な患者は含まれていない。
※7:令和2年7月29日から順次、抗原定量検査を実施しているため、同検査の件数を含む。なお、空港・海港検疫の検査実施人数等については、公表日の前日の0時時点で計上している。


【PCR検査の実施件数】
令和2年2月18日~令和3年9月16日までの国内(国立感染症研究所、検疫所、地方衛生研究所・保健所等)におけるPCR検査の実施件数は、229,059,789件※1、2

国内における新型コロナウイルスに係るPCR検査の1日あたりの検査能力※2(令和3年9月16日時点)

※1:上記の数値は暫定値であり、変更される可能性がある。
※2:詳細は下記「国内における新型コロナウイルスに係るPCR検査の実施状況」参照。

【PCR検査に関する参考資料】
国内における都道府県別のPCR検査陽性者数:2021年9月20日掲載分
国内における新型コロナウイルスに係るPCR検査の実施状況:2021年9月18日掲載分
新型コロナウィルスのPCR検査総実施件数(都道府県別、令和3年9月6日~9月12日):2021年9月17日掲載分
新型コロナウイルスのPCR検査の1日あたり実施可能件数(都道府県別 ※地方衛生研究所・保健所からの回答を集計):2021年9月6日時点

(1)国内事例:検査陽性者1,672,594名  
【別紙1】各都道府県の検査陽性者の状況(空港検疫、チャーター便案件を除く国内事例)

(2)空港検疫に係る発生状況
 空港検疫での陽性者の国籍内訳:
(令和2年3月)日本国籍60名、外国籍6名。合計66名。
(令和2年4月)日本国籍68名、外国籍12名。合計80名。
(令和2年5月)日本国籍19名、外国籍26名。合計45名。
(令和2年6月)日本国籍31名、外国籍93名。合計124名。
(令和2年7月)日本国籍58名、外国籍219名。合計277名。
(令和2年8月)日本国籍77名、外国籍120名。合計197名。
(令和2年9月)日本国籍69名、外国籍104名。合計173名。
(令和2年10月)日本国籍75名、外国籍142名。合計217名。
(令和2年11月)日本国籍128名、外国籍226名。合計354名。
(令和2年12月)日本国籍170名、外国籍190名。合計360名。
(令和3年1月)日本国籍59名、外国籍190名。合計249名。
(令和3年2月)日本国籍28名、外国籍46名。合計74名。
(令和3年3月)日本国籍66名、外国籍106名。合計172名。
(令和3年4月)日本国籍83名、外国籍224名。合計307名。
(令和3年5月)日本国籍79名、外国籍160名。合計239名。
(令和3年6月)日本国籍64名、外国籍94名。合計158名。
(令和3年7月)日本国籍212名、外国籍151名。合計363名。

(3)チャーター便帰国者に係る発生状況
 (水際対策で確認された事例:武漢市からのチャーター便帰国者)
・PCR検査陽性者15名(全員退院)。
・濃厚接触者全員の健康観察終了。


2.クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について

令和2年2月3日に横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」については、海上において検疫を実施し、同年3月1日にすべての乗客、乗員の下船が完了しました。
(※)なお、本件については、WHOの各国の発生状況の報告において、日本国内の発生件数とは別個(その他)の件数として取り扱われています。

令和2年3月15日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客のうち、船内で14日間の健康観察期間が終了し同年2月19日から23日にかけて順次下船した計1,011人の方への健康フォローアップが終了しました。

【令和3月9月20日0時時点の状況について】

※1 那覇港出港時点の人数。うち日本国籍の者1,341人
※2 船会社の医療スタッフとして途中乗船し、PCR陽性となった1名は含めず、チャーター便で帰国した40名を含む。国内事例同様入院後に有症状となった者は無症状病原体保有者数から除いている。
※3 退院等している者659名のうち有症状364名、無症状295名。チャーター便で帰国した者を除く。
※4 37名が重症から軽~中等症へ改善(うち37名は退院)
※5 この他にチャーター便で帰国後、令和2年3月1日に死亡したとオーストラリア政府が発表した1名がいる。
※6 新型コロナウイルス関連疾患が軽快後、他疾患により重症の者が1名いる。


3.国民の皆様へのメッセージ
 今後とも発生状況を注視し、各関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。国民の皆様におかれましては、マスクの着用や手洗いの徹底などの通常の感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
 厚生労働省のこれまでの対応については、別添1をご参照ください。

 
◆国民の皆様へのメッセージ
〇国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、ハンカチ、袖などを使って、口や鼻をおさえる)や手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

〇集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。
 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

※以下啓発資料について、配布や媒体掲載など、使用可能です。掲載の場合は『出典:首相官邸HPより』を記載してください。
 会社・学校や人の集まる場所での掲示、周知など、用途に限らずご自由にダウンロード・印刷してお使いください。(加工・改変等はおやめください)

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安
 
1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと
 
○ 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○ 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。
○ 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。
          

2.受診・相談センター等に御相談いただく目安
 
○ 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
 
○ 相談は、受診・相談センター(地域により名称が異なることがあります。)の他、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もあるので、ご活用ください。
 
(妊婦の方へ)
 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに受診・相談センター等に御相談ください。
 
(お子様をお持ちの方へ)
 小児については、小児科医による診察が望ましく、受診・相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。
 
※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

 【医療機関にかかるときのお願い】
○ 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。




































4.国外の発生状況について
令和3年9月20日15:00現在、日本国外で新型コロナウイルス関連の肺炎と診断されている症例及び死亡例の数は以下のとおり。
国・地域 感染者 死亡者
中国 95,738 4,636
香港 12,161 213
マカオ 63 0
日本 1,676,711 17,204
韓国 287,536 2,409
台湾 16,141 840
シンガポール 77,804 60
ネパール 784,566 11,040
タイ 1,476,477 15,363
ベトナム 687,063 17,090
マレーシア 2,097,830 23,443
豪州 87,128 1,167
米国 42,087,432 673,763
カナダ 1,581,003 27,445
フランス 7,043,875 116,696
ドイツ 4,149,832 92,977
カンボジア 104,094 2,109
スリランカ 504,491 12,125
アラブ首長国連邦 732,690 2,075
フィンランド 136,257 1,057
フィリピン 2,366,749 36,788
インド 33,448,163 444,838
イタリア 4,636,111 130,310
英国 7,464,791 135,539
ロシア 7,170,069 194,671
スウェーデン 1,144,982 14,775
スペイン 4,929,546 85,783
ベルギー 1,219,814 25,497
エジプト 296,929 16,970
イラン 5,424,835 117,182
イスラエル 1,228,129 7,541
レバノン 618,278 8,236
クウェート 411,180 2,439
バーレーン 274,264 1,388
オマーン 303,423 4,093
アフガニスタン 154,487 7,186
イラク 1,975,220 21,822
アルジェリア 201,600 5,694
オーストリア 724,035 10,895
スイス 823,078 11,000
クロアチア 391,984 8,500
ブラジル 21,239,783 590,752
ジョージア 595,264 8,541
パキスタン 1,226,008 27,246
北マケドニア 186,914 6,460
ギリシア 630,784 14,466
ノルウェー 182,239 841
ルーマニア 1,148,710 35,514
デンマーク 356,176 2,630
エストニア 149,776 1,326
オランダ 2,022,283 18,507
サンマリノ 5,412 90
リトアニア 315,949 4,793
ナイジェリア 201,798 2,655
アイスランド 11,404 33
アゼルバイジャン 467,173 6,227
ベラルーシ 516,428 4,004
ニュージーランド 4,083 27
メキシコ 3,569,677 271,503
カタール 235,487 604
ルクセンブルク 77,189 834
モナコ 3,290 33
エクアドル 507,003 32,661
アイルランド 375,367 5,179
チェコ 1,686,182 30,430
アルメニア 253,600 5,131
ドミニカ共和国 355,150 4,028
インドネシア 4,190,763 140,468
アンドラ 15,124 130
ポルトガル 1,062,048 17,907
ラトビア 150,560 2,640
セネガル 73,645 1,845
サウジアラビア 546,411 8,651
ヨルダン 813,601 10,616
アルゼンチン 5,239,232 114,428
チリ 1,647,469 37,359
ウクライナ 2,453,240 58,422
モロッコ 919,681 13,910
チュニジア 699,928 24,490
ハンガリー 817,159 30,123
リヒテンシュタイン 3,405 60
ポーランド 2,897,935 75,488
スロベニア 283,479 4,498
パレスチナ 384,390 3,919
ボスニア・ヘルツェゴビナ 225,857 10,203
南アフリカ 2,882,630 86,174
ブータン 2,597 3
カメルーン 85,414 1,368
トーゴ 24,599 213
セルビア 865,686 7,770
スロバキア 402,808 12,569
バチカン 27 0
コロンビア 4,941,064 125,895
ペルー 2,167,008 199,066
コスタリカ 505,163 5,949
マルタ 36,972 453
パラグアイ 459,622 16,126
バングラデシュ 1,542,683 27,225
モルドバ 281,700 6,595
ブルガリア 482,186 20,028
モルディブ 83,576 229
ブルネイ 5,047 26
キプロス 116,494 534
アルバニア 162,953 2,580
ブルキナファソ 14,041 172
モンゴル 277,997 1,119
パナマ 464,288 7,172
ボリビア 497,100 18,659
ホンジュラス 357,654 9,491
コンゴ民主共和国 56,387 1,068
ジャマイカ 79,673 1,791
トルコ 6,847,229 61,574
コートジボワール 59,020 566
ガイアナ 29,553 725
キューバ 801,367 6,796
トリニダード・トバゴ 48,523 1,416
スーダン 37,995 2,878
ギニア 30,136 370
エチオピア 332,961 5,130
ケニア 246,530 4,989
グアテマラ 529,422 13,040
ベネズエラ 354,239 4,291
ガボン 27,643 175
ガーナ 125,261 1,121
アンティグア・バーブーダ 2,603 55
カザフスタン 936,954 15,031
ウルグアイ 387,627 6,048
ナミビア 126,811 3,469
セーシェル 20,593 106
セントルシア 10,520 150
ルワンダ 95,257 1,210
エスワティニ 45,380 1,195
スリナム 36,746 803
モーリタニア 35,462 766
コソボ 159,107 2,899
コンゴ共和国 13,701 183
セントビンセント及びクレナディーン諸島 2,791 14
中央アフリカ 11,309 100
ウズベキスタン 168,437 1,188
赤道ギニア 11,063 137
リベリア 5,904 283
タンザニア 1,367 50
ソマリア 19,004 1,063
ベナン 21,450 146
バハマ 20,030 504
モンテネグロ 126,259 1,849
バルバドス 6,527 58
キルギス 177,722 2,588
ザンビア 208,469 3,638
ジブチ 12,040 159
ガンビア 9,888 332
モーリシャス 14,243 50
フィジー 49,959 566
エルサルバドル 99,701 3,102
チャド 5,029 174
ニカラグア 13,025 202
マダガスカル 42,898 958
ハイチ 21,330 596
アンゴラ 52,307 1,388
ニジェール 5,957 201
パプアニューギニア 18,542 204
ジンバブエ 127,938 4,567
カーボベルデ 37,108 330
エリトリア 6,671 40
東ティモール 19,033 104
ウガンダ 122,212 3,128
シリア 30,709 2,127
モザンビーク 150,018 1,903
グレナダ 3,841 50
ベリーズ 18,532 389
ミャンマー 446,573 17,073
ドミニカ国 2,758 8
ラオス 19,185 16
ギニアビサウ 6,080 130
マリ 15,068 545
セントクリストファー・ネービス 1,632 9
リビア 330,945 4,501
シエラレオネ 6,392 121
ブルンジ 14,189 38
ボツワナ 172,252 2,343
マラウイ 61,363 2,261
南スーダン共和国 11,814 121
サントメ・プリンシペ 3,043 43
イエメン共和国 8,667 1,643
タジキスタン共和国 17,484 125
コモロ連合 4,106 147
レソト王国 14,395 403
ソロモン諸島 20 0
マーシャル諸島共和国 4 0
バヌアツ共和国 4 1
サモア独立国 3 0
ミクロネシア連邦 1 0
キリバス共和国 2 0
パラオ共和国 5 0
ダイヤモンド・プリンセス 712 13
その他 9 2
228,507,643 4,691,523
  ※ 中国: 令和2年2月13日より診断基準変更(湖北省においては、臨床診断病例が追加)

 【資料出所】
○令和2年6月24日から資料出所を「ジョンズ・ ホプキンス大学 新型コロナウイルス感染症のデータベース等」に変更致しました。これに伴い、同日以降、15時時点の作成としています。
 なお、フランスとスイスについては、ECDC(European Centre for Disease Prevention and Control)のデータを採用しておりましたが、日次更新の停止に伴い、令和2年12月16日からジョンズ・ホプキンス大学に変更しております。
・令和2年6月24日から、海外領土につきましては本国分に計上しております。

○令和2年5月30日から以下の通り変更しております。
・「その他」は「ダイヤモンド・プリンセス」と「その他」(「ダイヤモンド・プリンセス」以外の国際運輸)に分けて計上しています。


(別添1)厚生労働省の通知・事務連絡一覧
【自治体・医療機関向けの情報】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00088.html

【医薬品・医療機器産業の振興に関する情報】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/shinkou/index.html

【社会福祉・雇用・労働に関する情報】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00110.html
 
【介護事業所等向けの情報】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00089.html
 
【国土交通省・航空会社向けの情報】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00090.html
 
【検疫所向けの情報】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00091.html

【別紙1】各都道府県の検査陽性者の状況(空港検疫、チャーター便案件を除く国内事例)

(参考資料)
【国内の患者発生に関する参考資料】
新型コロナウイルス感染症の国内発生動向(※報告日別新規陽性者数):2021年9月20日掲載分
新型コロナウイルスの発生状況(【国内事例】及び【上陸前事例】):2021年9月20日掲載分
新型コロナウイルス感染症の国内発生動向:2021年9月15日18時時点

【PCR検査に関する参考資料】
国内における都道府県別のPCR検査陽性者数:2021年9月20日掲載分
国内における新型コロナウイルスに係るPCR検査の実施状況:2021年9月18日掲載分
新型コロナウィルスのPCR検査総実施件数(都道府県別、令和3年9月6日~9月12日):2021年9月17日掲載分
新型コロナウイルスのPCR検査の1日あたり実施可能件数(都道府県別 ※地方衛生研究所・保健所からの回答を集計):2021年9月6日時点

【抗原検査に関する参考資料】
国内における新型コロナウイルスに係る抗原検査(検体採取)の実施状況(検体採取日ベース):2021年9月14日時点

【新型コロナウイルス感染症に関する相談に関する参考資料】
厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の対応状況等について:2021年9月13日掲載分
帰国者・接触者相談センターの相談件数等(都道府県別):2020年3月31日まで
帰国者・接触者相談センターの相談件数等(都道府県別):2020年4月1日以降