9月17日は「世界患者安全の日」です

世界患者安全の日 2020


 
    

概要

「世界患者安全の日(以下、WPSD:World Patient Safety Day)」とは、「患者安全を促進すべく世界保健機関(以下、WHO)加盟国による世界的な連携と行動に向けた活動をすること」を目的として、医療制度を利用する全ての人々のリスクを軽減するために2019年にWHO総会で制定されました。患者安全を促進する事への人々の意識、関心を高め、国際的な理解を深めるとともに、各種媒体を用いて普及活動を推進しています。


WHOは、患者安全文化の醸成のための普及活動の一環として毎年スローガン等を作成しています。
     
2020年度  テーマ Health Worker Safety : A Priority for Patient Safety
  スローガン  Safe health workers, Safe patients
  アクション Speak up for health worker safety!
  

制定までの経緯

2016年3月


2017年3月


2018年4月


2019年5月
第1回閣僚級世界患者安全サミット
(ロンドン/イギリス)

第2回閣僚級世界患者安全サミット
(ボン/ドイツ)

第3回閣僚級世界患者安全サミット
(東京/日本)

WHO総会
WPSD概念の提案


9月17日をWPSDとすることを提案


患者安全の向上に向けた「患者安全に関する東京宣言」公表


WPSD制定
       
*9月17日はドイツ語圏内(ドイツ、オーストリア、スイスなど)において、
  毎年「国際患者安全の日」として患者の安全に関する集会を開催していた。 

「世界患者安全の日」に関する取り組み

厚生労働省の取り組み

➢ 「2020 患者も医療従事者も。みんなで守る医療安全。」(※WHOスローガンの厚生労働省意訳)

厚生労働省では、2001年を「患者安全推進年」と位置づけ、各関係者の共同行動を「患者の安全を守るための医療関係者の共同行動(PSA:Patient Safety Action)」と命名し、総合的な医療安全対策を推進しており、その一環として、11月25日(いい医療に向かってGO)を含む一週間を「医療安全推進週間」と定め、様々な取り組みを行っています。
2019年の世界保健機構(WHO)総会において、9月17日がWPSDと制定され、昨年からは多くの団体の協力を得ながらWPSDの普及啓発活動を実施しています。
厚生労働省としても、WHOスローガン「Safe health workers,Safe patients」を「2020 患者も、医療従事者も。みんなで守る医療安全。」と意訳し、今年も、医療機関、職能団体、患者団体、教育機関、学会など、さまざまな団体と協力して普及啓発活動を行っています。また、厚生労働省のTwitter、Facebookからも発信しています。
  
 

さまざまな団体の取り組み


➢ 第35回医療安全管理者ネットワーク会議「世界患者安全の日」記念イベント

  主催 一般社団法人 医療の質・安全学会
  日程 2020年9月20日(日) 11:00~15:00
  会場 オンライン開催 *ライブ配信  


  

 学会HPリンク http://qsh.jp/




➢ 新・ASUISHI:最高質安全責任者(CQSO)研修

  主催 名古屋大学医学部附属病院 患者安全推進部
  日程 2020年9月16日(水) 開講
  会場 名古屋大学医学部附属病院




     名古屋大学HPリンク http://www.iryoanzen.med.nagoya-u.ac.jp/cqso/index.html




➢ 「世界患者安全の日」令和2年度群馬県医療安全対策講演会  

  主催 群馬県医師会、群馬県、群馬大学、高崎健康福祉大学
  日程 2020年9月17日(木) 19:00~20:30
  会場 ホテル・ラシーネ新前橋「銀河」

  ※臨江閣、高崎観音がオレンジ色にライトアップされます(9月13日~1週間 18:00~22:00)
    毎年オリジナルTシャツも作っています!


 

  オリジナルTシャツ作っています


      群馬大学HPリンク https://whocc.health.gunma-u.ac.jp/jp/2949 



➣ 医療安全講演会「患者・家族と取り組むこれからの医療安全」

 主催 群馬大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部
 日程 2020年9月17日(木) 17:30~18:30
 会場 オンライン開催

 ※9月14日(月)~9月18日(金)医療安全週間実施します。
   テーマ「みんなでつくる!群大病院ワンチーム」



  

群馬大学医学部附属病院
医療の質・安全管理部HP 
https://anzenkanri.showa.gunma-u.ac.jp/2020iryouanzensyuukan/



➢ 2020.9.19 『世界患者安全の日』を知ろう!Web講演・シンポジウム

 主催 患者・家族と医療をつなぐNPO法人 架け橋
 日程 2020年9月19日(土) 13:00~16:30
 会場 オンライン開催


   


架け橋HP http://www.kakehashi-npo.com/



➣ 第40回日本看護科学学会学術集会

  主催 聖路加国際大学
  日程 2020年12月12日(土)、13日(日)
  会場 オンライン開催

  


 学会HPリンク  https://site2.convention.co.jp/jans40/



➢ 医療安全全国共同行動

  「医療安全レポート」9月号にWPSDの記事か掲載されます
  ※2017年4月創刊号

     医療安全全国共同行動HP http://kyodokodo.jp/iryouanzen_report/     



➢ 日本看護協会     

 HPにて「世界患者安全の日」の特設ページを設け、活動を掲載しています。
 日本看護協会のビルをオレンジ色にライトアップしたり、
 会長のメッセージや、患者の安全確保に向けた活動などを動画で紹介しています。
 



  日本看護協会HPリンク 
            https://www.nurse.or.jp/nursing/practice/anzen/worldpatient_safetyday.html?utm_source=whats_new&utm_campaign=20200907
    


➢ 山梨大学医学部附属病院

 9月17日(木)「世界患者安全の日」キャンペーンを行います!
 
 「世界患者安全の日」にちなんだエコバッグやパンフレットを作成。
 山梨県の地元紙やマスメディアを通じたキャンペーン、17日のキャンペーン当日には学長も参加予定です。
 17日夜には、病院正面玄関をオレンジ色にライトアップします。


  



➢ 医療安全教育セミナー(実践編)2020 

 主催 国際医療リスクマネジメント学会
 日時 9月17日(木)~9月19日(土)
 会場 インターネット講演会


 

医療安全教育セミナーは、医療機関で安全管理を担当される方を対象に2004年から社会人教育プログラムとして実施しています。
今回のセミナーは、実践に役立つより専門的な知識を普及することを目的としています。

 国際医療リスクマネジメント学会 医療安全教育セミナーHP  http://iarmm.org/J/PS2020sep/
     


 

関連情報

お問い合わせ先
医政局総務課医療安全推進室 
TEL 03-5253-1111(内線2579)