2019年度第2回化学物質のリスク評価検討会(発がん性評価ワーキンググループ)資料

厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課化学物質評価室

議事次第

  1. 発がん性試験実施物質に係る評価等について
  2. 遺伝子改変動物を用いた試験結果の評価等について
    1. 2-ブロモプロパン【吸入】
    2. 酸化チタン(ナノ粒子、アナターゼ型)【吸入】
  3. その他
    1. 中期発がん性試験の候補物質について
    2. 「主要な機関の発がん性評価の分類基準」について
    3. 遺伝子改変動物による発がん性試験の期間延長について【前回WGでの残課題】

資料

配付資料・参考資料

掲載PDFのほか、オリジナルのソースが別に存在する下記の文献等を資料とする。(各ソースのURLは2019.8.30現在)

資料1:ヒト膀胱がんの臨床病理学研究と動物モデルを用いたAAOTの膀胱発がん性評価による発がん機序の解明
【平成30年度厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)分担研究報告書】(2018 鰐淵 et al.)
 →(ソース)厚生労働科学研究成果データベース

資料4-3:
Provisional Peer-Reviewed Toxicity Values for o-Aminophenol (CASRN 95-55-6)
(U.S. Environmental Protection Agency (EPA/690/R-16/001F))
 →EPA

資料4-4:Mitchell et al., 2003
【資料4-3中の引用文献】
 →EPA

資料6-3:Storer et al., 2001
資料6-4:Maronpot et al., 2001
資料6-6:ラット試験結果
 →学術論文からの抜粋等のため机上配布のみ

参考4-2:Preamble to the IARC Monographs (amended January 2019)
参考4-3:Presentation about the Preamble
 →IARC

日本バイオアッセイ研究センター提出資料