職場における安全対策

安全優良職長厚生労働大臣顕彰について

 安全優良職長に対する顕彰は、一定の技能と経験を有し、担当する現場又は部署が優良な安全成績をあげた職長、班長等、労働者を直接指揮する者(以下「職長等」という。※)を顕彰し、安全意識の高い職長等の企業内外における評価を高めるとともに、当該職長等を核とした労働者全体の安全意識の高揚を図り、もって我が国建設業の安全水準の向上を図ることを目的としています。

被顕彰者は、各事業者の所属する事業者団体等の一次審査団体の推薦を経て、厚生労働省の顕彰審査委員会で決定されます。
推薦にあたっては、推薦要領を確認し、推薦に必要な書類等を各一次推薦団体の定める期日までに、一次推薦団体にご提出ください。

※職長等とは
 職長等とは、各作業現場の監督者であって、作業現場において労働者を直接指揮監督する地位にあるものであり、その職務は、通常、仕事の段取り、機械設備の保全、職場規律の維持、部下の統率、安全衛生に関する指導、作業員の配置、表彰など様々なケースがあります。

 これまでに「職長等」として表彰された方がついていた役職の例

  • 警備業では、警備隊の隊長
  • 一般貨物自動車運送業では、営業所の技能長
  • 社会福祉施設では、介護部門の介護主任
  • 港湾荷役業では、海運部の班長
  • 林業では、伐木集材作業現場の現場総括責任者
  • 自動車・同付属品製造業等の製造部の工長
  • セメント・同製品製造業の生産課のグループリーダー
  • 造船業の修繕課作業長
  • 建設業の現場の職長(工事長、係長、主任など)

推薦書類提出期間

(一次審査を行う団体から厚生労働省への書類の提出期間)
令和2年10月1日(木)~令和2年10月9日(金)【消印有効】
 

推薦要領

推薦様式

推薦を行う場合は、必ずこの様式をダウンロードして使用してください。

参考
前年度までの優良職長顕彰について