ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 人材開発> 技能競技大会

技能競技大会

メイン

トピックス

技能競技大会について


技能五輪全国大会


国内の青年技能者を対象に、その技能レベルの日本一を競う大会です。

【出場資格】  技能検定2級相当以上の技能を有する23歳以下の青年技能者
【競技レベル】 上級から中級レベル(技能検定2級相当以上)

技能グランプリ


年齢にかかわりなく、各都道府県から選抜された特に優れた技能を有する一級技能士等が競う大会です。

【出場資格】 特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した技能士
【競技レベル】 上級レベル

若年者ものづくり競技大会


職業能力開発施設、工業高校等において技能を習得中の20歳以下の若者が技能レベルを競う大会です。

【出場資格】 職業能力開発施設、認定職業訓練施設、工業高校、工業高等専門学校等において技能を習得中の20歳以下の者で企業等に就職していない者。
【競技レベル】初級レベル(技能検定3級程度)

技能五輪国際大会


世界各国の青年技能者がその技能レベルを競う大会です。

【出場資格】大会開催年に22歳以下である者(一部職種を除く)、各国1職種につき1名または1組

技能競技大会の概要


<技能競技大会の相関図>

担当
人材開発統括官 能力評価担当参事官室  技能競技大会企画係(内線5966)| 技能競技大会推進係(内線5944)

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 雇用・労働> 人材開発> 技能競技大会

ページの先頭へ戻る