令和元年度「自殺予防週間」

9月10日から9月16日は「自殺予防週間」です。

待っています あなたの声を 令和元年度自殺予防週間ポスター

相談窓口

もし、あなたが悩みを抱えていたら、もし、あなたの周りに悩みのある人がいたら、ぜひ相談してください。

イラスト 細川貂々

自殺予防週間について

毎年9月10日から16日の1週間を「自殺予防週間」と位置づけ、地方公共団体、関係団体等と連携して相談事業・啓発活動を実施しています。

インターネット広告

自殺に追い込まれるという危機は「誰にでも起こり得る危機」であって、適切に援助を求めることが必要であることの理解促進を図るため、インターネット広告を活用した啓発活動を実施しています。

動画

バナー

令和元年度自殺予防週間インターネット広告バナー

政府広報オンライン

新聞広告

みんなで取り組もう いのち支えるゲートキーパー

ゲートキーパーとは

イラスト 細川貂々「ツレがうつになりまして。」著者

「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。

イラスト 細川貂々

ゲートキーパーの役割

自殺対策におけるゲートキーパーの役割は、心理社会的問題や生活上の問題、健康上の問題を抱えている人や、自殺の危険を抱えた人々に気づき適切にかかわることです。

変化に気づく 家族や仲間の変化に気づいて声をかける
じっくりと耳を傾ける 本人の気持ちを尊重し耳を傾ける
支援先につなげる 早めに専門家に相談するよう促す
温かく見守る 温かく寄り添いながらじっくりと見守る

詳しくは厚生労働省ホームページ「ゲートキーパーについて」をご覧ください。

ゲートキーパー養成研修用動画を作成し、公開しています。
こころのサインに気づいたら(MHLWchannel)

我が国の自殺の現状

平成10年以降、14年連続して3万人を超える状態が続いていましたが、平成24年に15年ぶりに3万人を下回りました。また、平成22年以降は9年連続の減少となっており、平成30年は2万840人で昭和56年以来37年ぶりに2万1,000人を下回りました。しかしながら、依然として、2万人を超える方が自ら命を絶っており、深刻な状況が続いています。また、我が国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は主要先進7カ国の中で最も高くなっています。

自殺者数の推移

自殺者数の推移グラフ 1978年から2018年 警察庁自殺統計より

詳しくは厚生労働省ホームページ「自殺対策の概要について」をご覧ください。