令和2年度の広報の取組みについて(自殺対策)

厚生労働省自殺対策推進室では、年間を通してさまざまな広報・啓発活動に取り組んでいます。

その声かけが、ゲートキーパーへの第一歩。令和元年度自殺予防週間ポスター

我が国では、自殺対策基本法に基づき、毎年9月10日から16日を「自殺予防週間」、毎年3月を「自殺対策強化月間」と定めて、国、地方公共団体、関係団体等が連携して「いのち支える自殺対策」という理念を前面に打ち出した啓発活動を推進しています。
令和2年8月には相談窓口、ゲートキーパー、自殺対策の取り組みなどの情報をわかりやすくまとめたサイト「まもろうよ こころ」を公開しました。

自殺予防週間

毎年9月10日から16日の1週間を「自殺予防週間」と位置づけ、地方公共団体、関係団体等と連携して相談事業・啓発活動を実施しています。

ポスター配布と掲示

関係府省、地方公共団体、協賛団体(日本医師会、日本薬剤師会等)、鉄道各社等を通じて全国に配布し掲示します。

関係団体の取り組み

自殺予防週間に合わせて、関係省庁、地方自治体、関係団体における相談事業及び啓発活動等の取り組みについてとりまとめ、公表しています。

インターネット広告

動画、SNS(Facebook、Twitter)、バナーなどインターネット広告を活用した啓発活動を実施しています。

Buzzfeed配信番組「もくもくニュース #なんか生きづらいかも」

もくもくニュース #なんか生きづらいかも 番組告知画像

「生きづらさ」をテーマにしたネット番組「BuzzFeed もくもくニュース #なんか生きづらいかも」を配信しました。悩みを抱える人たちに向けて「#なんか生きづらいかも」をテーマに、ゲストの体験を踏まえながら、まわりの人たちとの関わり方や生き方について語り合います。

【出演ゲスト】中川翔子さん(歌手・タレント)、ピエール中野さん(ミュージシャン)、橘ジュンさん(NPO法人BONDプロジェクト代表)
【MC】ハヤカワ五味さん(会社経営者)

下記URLからご視聴いただけます。(約40分)

新聞広告

みんなで取り組もう いのち支えるゲートキーパー

ゲートキーパーとは

「ゲートキーパー」とは、自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応(悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る)を図ることができる人のことで、言わば「命の門番」とも位置付けられる人のことです。

自殺対策では、悩んでいる人に寄り添い、関わりを通して「孤立・孤独」を防ぎ、支援することが重要です。1人でも多くの方に、ゲートキーパーとしての意識を持っていただき、専門性の有無にかかわらず、それぞれの立場でできることから進んで行動を起こしていくことが自殺対策につながります。

「自殺総合対策大綱(平成19年6月8日閣議決定)」においては、9つの当面の重点施策の一つとしてゲートキーパーの養成を掲げ、かかりつけの医師を始め、教職員、保健師、看護師、ケアマネージャー、民生委員、児童委員、各種相談窓口担当者など、関連するあらゆる分野の人材にゲートキーパーとなっていただけるよう研修等を行うことが規定されています。

イラスト 細川貂々「ツレがうつになりまして。」著者

また、ゲートキーパーは、我が国のみならず海外でも、自殺対策の分野でも広く使用されている用語、概念であって、WHO(世界保健機関)を始め、多くの国々で使用され、その養成プログラムが実施されています。

イラスト 細川貂々

詳しくは まもろうよ こころ 命を守る「ゲートキーパー」とは? をご覧ください。

ゲートキーパー養成研修用動画を作成し、公開しています。
こころのサインに気づいたら(MHLWchannel)

参考:政府広報オンライン「暮らしに役立つ情報」
あなたもゲートキーパーに!大切な人の悩みに気づく、支える