福祉・介護市民後見関連情報

市民後見人とは

ページの先頭へ戻る

市町村において成年後見人等を確保するために

老人福祉法の具体的内容

老人福祉法第32条の2(後見等に係る体制の整備等)

介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律(老人福祉法第32条の2を新設) [PDF形式:74KB]

市民後見人の育成及び活用に向けた取組について

ページの先頭へ戻る

市民後見推進事業について(平成23~平成26年度)

目的

認知症高齢者や一人暮らし高齢者の増加に伴い、成年後見制度の必要性は一層高まってきており、その需要はさらに増大することが見込まれる。また今後、成年後見制度において、後見人等が高齢者の介護サービスの利用契約等を中心に後見等の業務を行うことが多く想定される。
したがって、こうした成年後見制度の諸課題に対応するためには、弁護士などの専門職後見人がその役割を担うだけでなく、専門職後見人以外の市民後見人を中心とした支援体制を構築する必要がある。
このため、認知症の人の福祉を増進する観点から、市町村(特別区を含む。)において市民後見人を確保できる体制を整備・強化し、地域における市民後見人の活動を推進する事業であって、全国的な波及効果が見込まれる取組を支援するものである。

平成26年度市民後見推進事業実施市区町(158市区町(36都道府県)が実施)及び各市区町の事業概要

都道府県名 市区町村名
北海道
青森県
岩手県
秋田県
福島県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
福井県
山梨県
長野県
静岡県
愛知県
三重県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
徳島県
香川県
愛媛県
福岡県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

ページの先頭へ戻る

市民後見人に関する市区町村の取組についての情報

ページの先頭へ戻る

都道府県市民後見人養成事業について(平成23~平成26年度)

ページの先頭へ戻る

特定非営利活動法人 地域ケア政策ネットワーク

介護相談・地域づくり連絡会のホームページ

『2011-05-19 市町村長の後見申立と市民後見人について』

ページの先頭へ戻る

成年後見制度について

ページの先頭へ戻る

成年後見制度に関する審判

ページの先頭へ戻る

成年後見関係事件の概況

ページの先頭へ戻る