福祉・介護認知症本人大使「希望大使」

希望大使とは

厚生労働省では、認知症の人本人からの発信の機会が増えるよう、5人の認知症本人の方々を認知症に関する普及啓発を行う「希望大使」として任命しました。


(参考)
 ・認知症施策推進大綱(令和元年6月18日認知症施策推進関係閣僚会議決定)抜粋
 第2.具体的な施策
 1.普及啓発・本人発信支援
  (3)認知症の人本人からの発信支援
   認知症の人本人からの発信の機会が増えるよう、地域で暮らす本人とともに
  普及啓発に取り組む。具体的には、「認知症とともに生きる希望宣言」について、
  「認知症本人大使(希望宣言大使(仮称))」を創設すること等により、
  本人等による普及活動を支援する。
   また、 認知症サポーター講座の講師であるキャラバン・メイトの応援者を
  認知症の人が務める「キャラバン・メイト大使(仮称)」を創設し、全都道府県へ
  設置することを検討する。
 ○KPI/目標
  世界アルツハイマーデーや月間のイベント等においても 、本人からの発信の機会を拡大する。
 ※認知症施策推進大綱について

認知症とともに生きる希望宣言

ページの先頭へ戻る

任命イベントを開催しました

希望大使を任命するイベントを1月20日に開催しました。
 
フォトレポート
プレスリリース

ページの先頭へ戻る