他分野の取り組み社会保障・税一体改革

なぜ今、改革が必要なの?将来世代への負担でまかなわれる社会保障の費用 社会の変化に対応し、社会保障制度を守り、進化させ、受け継ぐ

何のための負担なの?全世代に受益感のある社会保障制度に充実 将来世代への負担の先送りを抑制

具体的には何を改革するの?子ども・子育て支援の充実 医療・介護サービス保障の強化 社会保障制度(年金・医療・介護)のセーフティネット機能の強化 分厚い中間層の復活 貧困・格差対策の強化

社会保障改革関連資料

社会保障・税一体改革関連施策

社会保障・税一体改革について

これまで、社会保障改革の全体像や必要な財源を確保するための消費税を含む税制抜本改革の基本方針が示されるとともに、その具体化のための検討が進められてきました。
平成24年8月22日に議員立法により成立した社会保障改革推進法にもとづき、有識者による社会保障制度改革国民会議が行われてきましたが、平成25年8月6日には、報告書が取りまとめられました。その審議の結果等を踏まえて、平成25年第185回国会に、持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律案を提出し、12月5日に成立致しました。

社会保障制度を取り巻く環境と現在の制度

現在の社会保障制度の土台ができた1960年代以降、少子高齢化の進行や雇用基盤の変化、家族形態の変化など社会情勢の大きな変化が続いています。

ページの先頭へ戻る

厚生労働省社会保障改革推進本部

「社会保障・税一体改革成案」(平成23年6月30日政府・与党社会保障改革検討本部決定)及び「社会保障・税一体改革の当面の作業スケジュールについて」(平成23年8月12日関係5大臣により確認・公表)を踏まえ、厚生労働省で社会保障改革を着実に推進するため、平成23年10月7日、厚生労働大臣を本部長とする「厚生労働省社会保障改革推進本部」を設置しました。

ページの先頭へ戻る

社会保障と税の一体改革説明会

ページの先頭へ戻る

各分野の主な検討の場

ページの先頭へ戻る

社会保障改革をめぐる動き

ページの先頭へ戻る