ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 他分野の取り組み> 国際関係> 日本とOECD> OECD多国籍企業行動指針_IFC

OECD多国籍企業行動指針

 

 

多国籍企業が世界経済の発展に重要な役割を果たすことを踏まえ、それら企業に期待される責任ある行動について、OECDが取りまとめたガイドラインです。

 

※多国籍企業とは?
 本行動指針では、多国籍企業について、「通常、二以上の国において設立される会社又はその他の構成体から成り、様々な方法で活動を調整できるように結びついている」とし、「行動指針は、多国籍企業内の全ての構成体(親会社及び(又は)現地の構成体)を対象とする」としています。

 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム> 政策について> 分野別の政策一覧> 他分野の取り組み> 国際関係> 日本とOECD> OECD多国籍企業行動指針_IFC

ページの先頭へ戻る